ニュース

キヤノン、手のひらサイズの望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」

キヤノンは、双眼鏡、デジタルカメラ、ビデオカメラの特徴を組み合わせた新コンセプトカメラ「PowerShot ZOOM」を、11月中旬に発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップ価格は32,500円。

PowerShot ZOOMは、「観る」と「撮る」を一体化した新コンセプトカメラ。焦点距離について、光学ズームで100mm/400mm相当、デジタルズームで800mm相当の超望遠撮影機能を備える。

100mm相当(望遠鏡倍率約1.2倍)
400mm相当(望遠鏡倍率約4.8倍)
デジタルズーム800mm相当(望遠鏡倍率約9.6倍)

また、焦点距離切り換え時に滑らかに追従するAFや、レンズシフト方式の手ブレ補正を搭載。「観る」と「撮る」の両方を快適に楽しめるとしている。

サイズは約33.4×103.2×50.8mm(幅×奥行×高さ)の手のひらサイズ、重量は約145g(メモリーカード含む)と、小型・軽量設計。また、即座に操作しやすいよう、利き手を問わず片手でも握りやすい形状を採用している。

操作性については、ボタン1つで3種類の焦点距離を切り換えられる「瞬間ステップズーム」を搭載。スマホとの連携も可能で、スマホに表示されたライブビュー映像を見ながらの静止画撮影ができる。

ZOOMボタン

有効画素数は約1,210万画素。センサーサイズは1/3型 CMOSセンサー。映像エンジンは「DIGIC 8」。望遠鏡倍率は1.2倍/4.8倍/9.6倍(100/400/800mm時)。ファインダーは0.39型カラー電子ビューファインダー(約236万ドット)。

撮影モード、ホワイトバランスはオートのみ。露出補正は±3段。ISO感度はオートで、ISO 100~3200。連写速度は最高約10コマ/秒(連写中のフォーカスは固定)。動画の1回の撮影可能時間は9分59秒。

フル充電時の映像表示時間は約70分。静止画記録形式はJPEG、静止画撮影可能枚数は約150枚。動画はフルHD(1920×1080)、動画記録形式はMP4、動画撮影可能時間は約60分(Wi-Fi接続なし)。

インターフェースはBluetooth 4.2(BLE)、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)、USB Type-C。記録媒体はmicroSDメモリーカード。

なおキヤノンではPowerShot ZOOMの通常販売に先立ち、Makuakeで購入予約受付を実施。開始から約6時間50分で、予定数の1,000台の購入予約を達成した。