ニュース

次世代ファミマは顔認証やモバイルオーダー対応。パナソニックと協力

ファミリーマートとパナソニックは、IoTを活用した次世代型コンビニエンスストアの実証実験店舗「ファミリーマート 佐江戸店」を4月2日にオープンする。顔認証やモバイルオーダー、電子棚札による店内POP、IoTデータマーケティングなどを活用する次世代ストアについて様々な取り組みを協働で実施する。

ファミリーマート 佐江戸店

所在地は神奈川県横浜市都筑区佐江戸町700番地。ファミリーマート佐江戸店では、IoT活用によるデジタルデータによる効率・高収益運営と、地域に愛されるリアル店舗のデザイン構築などについて協働で検討。店舗の運営もパナソニック子会社のストアビジネスソリューションズが担当し、同社がファミリーマートとフランチャイズ契約を結ぶ。

主な導入ソリューションは、顔認証決済/物体検知、業務アシストシステム、店内POP・電子棚札化、IoTデータマーケティング、イートイン・空間演出、モバイルオーダーなど。

顔認証決済/物体検知では、画像処理による商品読み込みとディープラーニングを用いた顔認証技術を活用し、顔の向きや経年変化、メガネなどに影響されにくい決済を実現。店舗の付加価値拡大や、従業員の業務省力化を狙う。なお、当初はパナソニック社員限定で導入する。

業務アシストシステムは、店舗内をカメラやセンサーでセンシングし、リアル店舗をデジタル化するもの。省力化とともに、OSC(品質・サービス・清潔さ)レベル向上が図れるという。

IoTデータマーケティングでは、POSデータだけでなく、店舗内のカメラやセンサーによる滞留ヒートマップやアプリでのアンケートを組み合わせて、データ経営。利用者に便利な店舗レイアウトや棚割りなどを実現可能とする。

モバイルオーダーは、利用者がスマホアプリで注文した商品を店舗でピッキング・配達するもの。売上増や顧客満足度の向上を図る。なお、初期は配達先を限定する。

両社協業の全体像

店舗における説明会の模様は@@link|
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1177887.html別記事でレポートしている|@@。

パナソニックが運営する次世代ファミマ。最新技術満載