ニュース

ワクチン接種証明書、セブンイレブンで発行可能に。8月17日から

マルチコピー機

セブン‐イレブンは、8月17日から全国の店舗でマルチコピー機を使用した「新型コロナワクチン接種証明書」を発行するサービスを開始する。

ワクチン接種証明書は、各市区町村で行なわれた新型コロナウイルスワクチン接種の事実を公的に証明する。旅行やイベント参加の際などに提示を求められた場合に証明書として提示する。

従来は、スマートフォンにアプリをインストールしてデジタル発行するか、各市区町村に申請して紙版のものを発行する必要があった。今回のサービスにより、全国のセブン‐イレブンのマルチコピー機で即日即時発行できるようになる。そのため、電子版の発行がむずかしい環境の人や、紙版の発行までの時間を短縮したい人の活用を促している。発行可能時間は午前6時30分から午後11時。

発行可能な証明書は、パスポート情報等を記載した「海外用及び日本国内用の接種証明書」と「日本国内用の接種証明書」。海外用の接種証明書を取得するためには、7月21日以降に自治体窓口もしくはアプリでも同証明書を取得している必要がある。発行にはマイナンバーカードとパスワードも必要。

海外用及び日本国内用の接種証明書

コンビニにおけるワクチン接種証明書発行は、セイコーマートの1,162店舗などでは、7月26日からスタート。セブンイレブンが続く形となる。