title
2017年9月29日

ハンドスピナーとUSBハブが合体!! 上海問屋らしいイロモノアイテムを試してみた

 

 


「ハンドスピナー型3ポートUSBハブ DN-915093」。今回、本文はなくてもいいんじゃあないだろうかというくらい、分かりやすい一品

 今回紹介するアイテムは「ハンドスピナー型3ポートUSBハブ DN-915093」。本文はなくてもいいんじゃあないだろうかというくらい、分かりやすい一品である。販売価格は税込799円。

ハンドスピナーとしても楽しめるUSBハブ、薄型で携帯性にも優れる

コアな上海問屋ユーザーであるほど、よくわからない出所の安心感を覚える系パッケージ

 東京ゲームショウ2017の取材で、すっかり上海問屋のラインナップからレビューアイテムを選ぶのを忘れていたところ、編集氏から「はよう」とメールと電話が入り「なんかカッコイイのお願いします」と伝えたところ、届いたのが本製品だ。パッケージはとても上海問屋らしいものである。

 製品名通り、ハンドスピナーとUSBハブが合体したものだ。それ以上でも、それ以下でもない。なので、用途としては、平素はバンドスピナーとしてくるくる回して、必要になったらUSBハブとして運用するとシンプルだ。

 製品を具体的に見ていくと、USBハブとしてはUSB 2.0×3ポートになり、PCと接続する場合は側面にあるMicro USB経由となる。サイズは70mm×70mm×15mm。薄型USBハブとして見ると、何気にカバンの中に忍ばせやすく、変なところで使い勝手がいい。なお付属品はUSBケーブル×1で、ケーブル長は約70cm。

3方向の先端部にUSB 2.0ポートを備える。端子の色が青色なのでUSB 3.0と思ってしまいがちだが、テストしてみたところ、見事にUSB 2.0だった USBハブとして使用する場合は、側面のMicro USB端子にケーブルを接続する
USBハブの状態。いちおう回せるが、ケーブルが邪魔

 ハンドスピナーとして見ると、あまりよいベアリングを使用しておらず、長時間の回転を楽しむことはできない。もちろん、上海問屋製品なので、当たりがあるかもしれないが。

 さて、USBポート付きのハンドスピナーというのは、あまり見ない。そうであれば、小型のUSB機器を取り付けて回すというもの楽しそうということで、テストしてみた。無難なものはUSBストレージのように小型のものがよく、重量やサイズが異なる場合は、バランスを検討しつつ追加パーツを決めていくと、意外とよく回る。またバッテリー内蔵の小型USB扇風機3台で延々と回してみるものも面白いだろう。

Impress Watch 20周年記念USBストレージを起点にして、USBストレージをとっかえひっかえしてバランスを取ったもの。最終的に、写真上のポートにはUSB温度センサーを採用した 当然だが、手に持って回すのは難しい
回転させてみたところ。ダイナミックに回るので見ていて楽しい。途中にUSBストレージが吹っ飛ぶ気配もなかった

 携行性に優れつつ、ハンドスピナーとしても使えるUSBハブだ。ネタ成分は50%以上だが、15mmと薄いのでカバンに突っ込んでおくという用途では、他のUSBハブと似ている。他の人とは露骨に異なるUSBハブを求めているのであれば、本製品をポチっていいだろう。USB 3.0対応版にも期待したい。

ハンドスピナー型 3ポートUSBハブ(USB2.0)(DN-915093)
https://www.donya.jp/item/74862.html

 
バックナンバー

[PR]企画・製作 株式会社 インプレス 営業統括部
問い合わせ先:watch-adtieup-donya@ad.impress.co.jp
Copyright (c) 2017 Impress Corporation. All rights reserved.