ニュース

「特務機関NERV 防災アプリ」、防災情報を国内最速レベルで配信

ゲヒルンは、「特務機関NERV 防災アプリ」のiOS版を9月1日(防災の日)に提供開始した。地震・津波・噴火・特別警報の速報や、洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づいて最適化して配信する。利用料は無料。Android版は後日提供する。

特務機関NERV 防災アプリは、天気や台風の予報、雨雲レーダー、地震・津波・噴火の速報、特別警報や土砂災害の情報、河川の情報、大雨危険度通知、さらにはJアラート(国民保護情報)やダム放流通知まで、様々な防災情報を受信できるスマホアプリ。画面に表示された地図をタッチすると、今いる地点を拡大したり、全国を見渡すことができ、雨雲の様子や各地の震度を自由な縮尺で見られる。

アプリの名称は、アニメ作品「エヴァンゲリオン」シリーズに由来。作中の「特務機関 NERV」は、使徒と呼ばれる謎の生命体に対処するための超法規的組織で、使徒の襲来を知らせる警報を発令する。特務機関NERV防災アプリも、アプリ名やアイコンなどにエヴァの象徴的なデザインを取り入れているほか、気象庁などの機関と連携しながら防災情報を伝える。

アプリイメージ。地域ごとの情報(中央)、雨雲レーダー(右)

被害が予想される地域の居住者や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発。提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保。ゲヒルンが独自に開発した技術により国内最速レベルで情報を配信するという。

現在地あるいは事前登録した地域に関する情報を、ゲルヒンが判定した優先度に基づいて表示。細分した区域やメッシュ情報を使用し、最適な情報を届ける。

端末の位置情報、防災情報の種類、緊急度等によって、音やバイブレーションを行なわない静かな通知、通常の通知、重大な通知を送り分ける。緊急地震速報(警報)や津波警報などは重大な通知として、マナーモードやおやすみモードに設定中でも強制的に鳴動。ユーザーに危険が迫っていることを伝える。なお、重大な通知が不要な場合は、iOSの設定画面から無効にできる。

アプリイメージ。左から緊急地震速報の通知、詳細、地震情報

ゲヒルンは、東日本大震災から休むことなく、Twitterアカウント特務機関NERV(@UN_NERV)などで防災情報を発信。気象庁からは、「大雨・洪水警報の危険度分布」に係るプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されており、アプリ内の大雨危険度通知機能は気象庁と協力して開発している。

アプリのデザインでは、シンプルで視認性が高い「AXIS Font」を搭載。また、色覚異常の人でも見やすい配色、視覚障害や読字障害の方にもわかりやすい音声読み上げといったアクセシビリティも重視したバリアフリーデザインにこだわったという。

気象庁のコメント

気象庁は、国民のみなさまの生命・財産を守るべく、防災気象情報を提供しております。

今回、気象庁も協力させていただき、ゲヒルン株式会社さまから、その使命を共にする頼もしいアプリを世に送り出せることになりました。

このアプリでは、登録した場所の洪水や土砂災害の危険度をお知らせする「大雨危険度通知機能」にもいち早く対応いただいており、被害が予想される時にみなさまが自ら判断・行動ができるよう、防災情報が迅速・的確に届くように設計されています。

災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってきます。このアプリは、そんな緊急時に、みなさまの避難の判断をしっかりと支援してくれるアプリです。

カラーのコメント

2011年の震災から8年が経ちますが、ゲヒルンさんのご活動は当時からずっと変わることなく進化し続けています。

アプリ名称やアイコンなど、一部に弊社作品『エヴァンゲリオン』の象徴的なデザインを取り入れていただいておりますが、ご利用者の皆様に、アプリの存在を少しでも身近に感じていただけるお手伝いができましたら幸いです。

前触れのない災害に対して準備すること自体が日常的になりますよう、アプリの頒布を応援させていただきます。