title
2017年3月24日

1本で4通りの使い方ができる急速充電USBケーブルを試してみた、可変式コネクタ採用

 

 


「2.4A 急速充電対応 4in1 マルチ変換USBケーブル(DN-914313)」

 今回紹介するアイテムは、2.4A 急速充電対応 4in1 マルチ変換USBケーブル(DN-914313)。可変型の充電用USBケーブルで、USB Type−CとMicro USBが混在する今この頃において小便利なものだ。販売価格は税込1,499円。

可変式コネクタ採用のUSB充電ケーブル
USB Type-A、Type-C、Micro USBを搭載

 本製品はスマートフォンやタブレットなどを充電するためのUSBケーブルで、2.4A出力に対応する。USBケーブルとして見ると、最近では当たり前になった性能のものだ。ケーブル長は約95cmで、規格的にはUSB 2.0になる。

 ポイントはコネクタ部分が可変型であること。通常のUSBケーブルよりも末端部が大きくなっており、オレンジ色の部分を押してからスライドさせると、USB Type-CからMicro USBに、USB Type-CからType-Aに切り替わる。変換アダプタが元々用意されている製品で、この可変機構により、現状の混在しているUSB充電環境に対応するというわけだ。

横幅がある側(写真左)がUSB Type-C/Type-A、細身のほう(写真右)はUSB Type-C/MicroUSBを持つ。外観からも識別可能だ 変形させてみたところ。可変ギミックはよくあるタイプだが、なんだかんだで楽しい

 仕様を見ると、充電器側と端末側が指定されている。USB Type-C/Type-A側が充電器側になり、USB Type-C/Micro USB側が端末側になる。その部分以外はごくごく普通の充電ケーブルで、これといって注意する部分はない。

 給電性能を見てみよう。テストした端末はZTE AXON 7で、純正の充電器と組み合わせたところ、急速充電中であるとの表示がされた。また、別途用意したMicro USB - Lightning変換アダプタを使用してiPhoneで試してみた場合は、1.4A止まりだった。iPhoneの場合は1A以上であれば問題ないため、充電用ケーブルがUSBコネクタだけでなく、Lightningコネクタも必要とする端末所持状況にも向いている。

ZTE AXON 7に接続してみた様子。 別売りのMicro USB - Lightning変換アダプタを取り付けてみた。
iPhone 7 Plusを充電している途中。バッテリー残量約48%時で、1.4Aなので、純正ケーブルと変わりナシだ

 といったように、目的がハッキリした製品になる。日々持ち歩くケーブルが多くて苦心しているのであれば、充電については本製品ひとつでOKになる人もいるのではないだろうか。またiPhoneユーザーの場合も、Micro USB - Lightning変換アダプタをかませばいいため、やはり荷物を減らせる。価格も税込1,499円と安いため、可変構造好きや変換アダプタ収集家の諸兄らにもチェックしてもらいたい。

2.4A 急速充電対応 4in1 マルチ変換USBケーブル(95cm)(DN-914313)
https://www.donya.jp/item/74326.html

 
バックナンバー

[PR]企画・製作 株式会社 インプレス 営業統括部
問い合わせ先:watch-adtieup-donya@ad.impress.co.jp
Copyright (c) 2017 Impress Corporation. All rights reserved.