Owlly
これからのお金と暮らしを立ち止まって考える

「かせぐ」と「ぬすむ」の違いはどこに?

おカネの教室~僕らがおかしなクラブで学んだ秘密【2時間目 後編】

高井浩章 2018年3月21日 07:00
「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」中学2年生になった僕は突然、奇妙なクラブに放り込まれた――謎の大男、大富豪の美少女、平凡な「僕」が、「お金と経済」を通して、世の中の仕組みを知る! 昨年Kindleで個人出版され、、累計1万DLを突破したお金の青春小説が最新のトピックも加えてパワーアップして書籍化!3月16日に発売されました。物語の始まりを、特別連載でご紹介します!

2時間目 お金を手に入れる6つの方法(後編)

 毎週月曜日のクラブの時間。中学2年生の僕こと、木戸隼人(サッチョウさん)はくじ引きで落選し、怪しいエモリ先生(カイシュウさん)が顧問を務める「そろばん勘定クラブ」に入ることに。学校でも色んな意味で有名な福島さん(ビャッコさん)の3人で始まった最初の宿題は、お金を手に入れる方法を6つの方法を考えてくること。答え合わせで5つ目まではわかったけれど……

サッチョウさん(木戸隼人)どこにでもいるフツーの中学2年生。小学校からバスケ部で、部活がない週末は公園でサッカーに燃える。消防士である父親がヒーロー。ひょんな巡り合わせで「そろばん勘定クラブ」に入ってしまう。
ビャッコさん(福島乙女)町一番の大富豪の娘。成績は常にトップクラスで、母譲りのスマートな容姿も相まって、誰からも一目置かれる存在。物事をとことん突き詰める頑固な一面を持つ。家族の手掛けるビジネスについて悩んでいる。
カイシュウさん(江守先生)「そろばん勘定クラブ」の顧問にして2メートルを超す大男。バイリンガルのハーフっぽいという以外、経歴等は不明。巨体が楽に収まるベンツが愛車。紅茶とスコーンをこよなく愛する。見た目は40代。

 「さて、最後の一つは?」

かせぐ
ぬすむ
もらう
かりる
ふやす
???

 「……ひろう、とか?」
 「これはお金持ちらしからぬご返答。ネコババは日本では犯罪ですよ。まあ、それは『もらう』か『ぬすむ』の変化球ですかね。サッチョウさん、ほかに思いつきますか」
 「えー、財宝をみつける、とか」
 「おー、ロマンチックですね。しかし、それは『かせぐ』に入りそうです」
 難しいな、この問題。答えあぐねる僕らをカイシュウ先生が笑顔で見ている。
 「これはこのクラブで扱う最大の難問です。今日、ここでは答えは言いません」
 もったいぶるなあ。さっさと教えてくれればいいのに。
 「自分で考えることが大事ってことですか」
 「その通り。ということで難問はひとまず脇において次の問題に移ります」


「かせぐ」と「ぬすむ」の違いは何か

 「サッチョウさん、お父さんは『かせぐ』人ですか、『ぬすむ』人ですか」
 すごい質問だな、と思いながら、僕が「父は消防士です」と答えると、カイシュウ先生が興味深そうに僕の顔をじっと見た。落ち着かない気持ちになりかけた頃、カイシュウ先生は黒板に向かった。今の変な間は何だったんだろう。

かせぐ消防士

ぬすむ犯罪

 「消防士は文句なしで『かせぐ』でしょう。サッチョウさん、お父さんの仕事を誇らしく思っているでしょう」
 改まって言われると、なんか照れるけど。
 「はい。尊敬してます」
 カイシュウ先生がまた妙に優しい目で僕を見た。思わず目をそらしたら、ビャッコさんも僕をじっと見ていた。それは、ドキッとするほど真剣なまなざしだった。

 「うん、素晴らしいですね。我が子に尊敬される仕事で労働の対価を得る。お父さんはカネのためにやってるんじゃないと言うかもしれませんけど、立派に『かせぐ』という言葉に値(あたい)します。で、こちらの端には犯罪、『ぬすむ』がある。問題は」
 カイシュウ先生が黒板の空白のスペースに大きな手を「バン!」と叩きつけた。

 「このすき間です。世の中にはいろんな職業、いろんな会社、いろんな人がいる。右と左、『かせぐ』と『ぬすむ』を分ける境界線は、どこにあるのか」
 カイシュウ先生が黙り込んだ。自分で考えてみろってことか。

 しばらくしてビャッコさんが手をあげた。カイシュウ先生が目で発言を促す。
 「その仕事が世の中の役に立つかどうか、で線引きすればいいんじゃないでしょうか」
 「あ、それ、いいかも」
 「ほほう。お二人の意見が一致しましたね」
 カイシュウ先生は腕時計を見て、黒板を一度全部消した。
 「では宿題を出して終わりにしましょう」

世の中の役に立つ・立たないは、どう決めるのか

 「次回は具体的な職業や仕事について、役に立つ、立たないという物差しで考えてみましょう。それぞれ3つ、具体例を考えてきてください」
 チャイムが鳴った。最後までそれを聞いてから、カイシュウ先生は、「では来週」と軽やかに教室から出ていった。ビャッコさんは、目が合うと小首をかしげて笑い、黒板の1行を消してから出口に向かった。



次回は3月28日公開予定!

Kindle版で50件以上のレビューで平均★4.6を獲得した人気電子書籍、待望の書籍化!