Owlly
これからのお金と暮らしを立ち止まって考える

先週のニュースまとめ(2018/1/29~2018/2/4)

LINEも仮想通貨事業に参入、コインチェック続報など

Owlly編集部 2018年2月5日 12:00
先週発表されたニュースの中から、Owlly編集部が気になったものをピックアップしてご紹介します。

貯金の目的や目標金額、ルールを設定して貯金をサポートするアプリ「finbee」を提供するネストエッグ株式会社は、22歳~34歳までの学生を除く全国1,058人の男女を対象に「お金の使い方」に関する調査を実施しました。
調査によると、「貯金をしようと思ったきっかけ」で最も多くの回答を占めたのが「将来が心配だから」31.8%、2位は「家族の将来のために備えたい」23.2%という結果でした。一方で、「2017年に貯金ができたか?」という質問については「しなかった」が32.2%、「1~20万円未満」が20.0%と、なかなかまとまった形での貯金が難しい様子も見られました。


コミュニケーションアプリ「LINE」を提供するLINE株式会社は、新たに「LINE Financial 株式会社」の設立を発表しました。LINE Payに続く金融事業の強化を狙ったもので、「LINE」上で、仮想通貨交換や取引所、ローン、保険などのサービスを提供する準備を進めているとのこと。金融庁への仮想通貨交換業者登録については、現在審査中。


1月26日に仮想通貨「NEM」の流出が発覚し、以後すべての出金を停止している状況が続いている仮想通貨取引所「Coincheck」ですが、2月3日に日本円出金再開の見通しについてのリリースを発表しました。内容によると日本円は金融機関の専用口座に、NEM以外の仮想通貨もコールドウォレット等に保管している、と記載されているものの、日本円出金再開の見通しについては、「技術的な安全性等について、確認・検証中であり」、「外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証」を踏まえた上で、再開時期を発表するとしており、具体的な日付や、今後の仮想通貨取引に関する発表はありませんでした。
金融庁はコインチェック社に対して、2月13日までに事実関係や原因の究明、顧客への対応などをまとめた報告書の提出を求めていましたが、2月2日に先行して立ち入り調査を実施。預かっている資産の管理方法や、セキュリティ対策について調べた模様です。