連載:ぼくらの自由研究室

サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪

スマートフォンで使えるサーモグラフィーを買いました。サーモグラフィーは、温度分布を映像で確認できるものです。青~黄色~赤~白のグラデーションで温度分布が可視化される、おなじみの映像です。それをスマートフォンで見ることができるようになったヨ、わ~い楽しいヨ、と。

もちろん! 早速ソレで猫を見てみました。イロイロと興味深いので、どうぞご覧ください~♪

サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 購入したスマートフォン用サーモグラフィー、FLIR(フリアー)の「FLIR ONE」です。iPhone用とAndroid用があり、3万5000円くらいです。詳しい記事はコチラに書きました
購入したスマートフォン用サーモグラフィー、FLIR(フリアー)の「FLIR ONE」です。iPhone用とAndroid用があり、3万5000円くらいです。詳しい記事はコチラに書きました
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ iPhone 6s Plusにセットした様子。専用アプリを使えばiPhoneがサーモグラフィーとして利用できるようになります。カメラは手前にも向こうにも向けることができます
iPhone 6s Plusにセットした様子。専用アプリを使えばiPhoneがサーモグラフィーとして利用できるようになります。カメラは手前にも向こうにも向けることができます
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 人の腕を見た様子。赤~白が比較的に高温な部分、黄色~青が比較的に低温な部分を示します。撮影できる温度範囲は-20~+120℃とのこと
人の腕を見た様子。赤~白が比較的に高温な部分、黄色~青が比較的に低温な部分を示します。撮影できる温度範囲は-20~+120℃とのこと
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 男性の手と女性の手の温度を見たところ。この場合、女性の手のほうが温度が低いことがわかります。最小で0.1℃の温度差を検知できるそうです
男性の手と女性の手の温度を見たところ。この場合、女性の手のほうが温度が低いことがわかります。最小で0.1℃の温度差を検知できるそうです
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ これ以降は、サーモグラフィー映像と可視光写真を並べています。これは猫が横たわっているのを見たところ
これ以降は、サーモグラフィー映像と可視光写真を並べています。これは猫が横たわっているのを見たところ
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 猫って目やその上の温度が高く、鼻や耳先の温度が低いんですね~
猫って目やその上の温度が高く、鼻や耳先の温度が低いんですね~
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 肉球はわりとホットなようです
肉球はわりとホットなようです
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 別の角度からホット肉球♪
別の角度からホット肉球♪
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 猫の頭に手のひらを置いて見るとこんな感じ
猫の頭に手のひらを置いて見るとこんな感じ
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 置いた手のひらをどかした直後に見ると、手のひらの温もりが猫の頭に残っているのがわかります。当たり前ですが、人の体温が猫に伝わってるんですね~
置いた手のひらをどかした直後に見ると、手のひらの温もりが猫の頭に残っているのがわかります。当たり前ですが、人の体温が猫に伝わってるんですね~
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 階段を走り下りる猫を見てみました。お尻周辺がホット♪
階段を走り下りる猫を見てみました。お尻周辺がホット♪
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ 毛づくろい中の猫を見てみました。じつはこれ、ほぼ暗闇の中です。暗闇でも、サーモグラフィーなら温度分布によって猫などの存在がハッキリ見えるというわけです
毛づくろい中の猫を見てみました。じつはこれ、ほぼ暗闇の中です。暗闇でも、サーモグラフィーなら温度分布によって猫などの存在がハッキリ見えるというわけです
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ こちらは暗がりを見たところ。白が猫の頭、赤が猫の胴体のあたりです
こちらは暗がりを見たところ。白が猫の頭、赤が猫の胴体のあたりです
サーモグラフィーで猫の肉球やらイロイロ温度を見てみた♪ サーモグラフィーなら暗い場所の猫も容易に見つけられます。室内などで猫が行方不明になってもすぐ見つけられるかも!? ちなみにこのサーモグラフィーでは、30mくらい離れた人物まで検知できるそうです
サーモグラフィーなら暗い場所の猫も容易に見つけられます。室内などで猫が行方不明になってもすぐ見つけられるかも!? ちなみにこのサーモグラフィーでは、30mくらい離れた人物まで検知できるそうです

※この記事はペトハピの記事(2016年6月17日掲載)を転載したものです。

ペトハピ

2015年4月にImpress Watch ペット特集としてスタート。同年10月に「ペトハピ」創刊。2017年5月にインプレスから独立し、ペトハピ株式会社として運営中。ペットとオーナーが、どのように共生し、お互いに幸せになっていくかを提案するWebメディア。https://pet-happy.jp/

スタパ齋藤