ドローンジャーナル

日本経済新聞社運営サービスSOLMU、「ドローンサービス開発チュートリアル」を3月8日(金)開催

登壇者はCLUE 榊原知也 氏/エアロネクスト大河内 雅喜 氏

 日本経済新聞社が運営するビジネスマッチングサービスのSOLMUは、3月8日(金)に「ドローンサービス開発チュートリアル」というイベントを日本経済新聞社 SPACE NIOにて開催することを発表した。

SOLMU Nightとは

 日本経済新聞社が運営するチームメイクアプリ"SOLMU"が主催するイベント。アクティブなエンジニアのために、スキルアップ(技術向上)、ミートアップ(出会い)、キャリアアップ(挑戦)を目的にしたリアルな場をつくり、新規事業創出をサポート。本イベントはSOLMUユーザーではない人でも参加することができる。

SOLMU night vol.2 『ドローンサービス開発チュートリアル」

【エンジニア/クリエイター向け】
 自動飛行技術、画像認識技術などの向上に伴い、土木現場の測量や農薬散布など産業の現場で実際にドローンが活用されている機会が増えてきている。同時にドローンメーカー側が開発者向けに提供するSDK等も充実し、ドローンを活用したサービス開発環境も整ってきている。また、既存のドローンハードの性能限界を打破する新しい設計思想で、機体そのものを開発する流れも生まれている。

 こうした背景の中、本イベントはゲストを招き、サービス開発の「入門編」としてドローンエンジニアになるために必要なスキルセットや環境・今後のドローン産業の展望などを考える。ドローン領域で新サービスを開発したいエンジニア/クリエイターが対象だ。本編は「ソフトフェア開発入門」「これからのハードウェア開発」の2つのパートで構成されている。

イベントの見所

・ICCカタパルトやIVS LaunchPadなど著名スタートアップコンテストで数多受賞。エアロネクスト社が新発明するドローンの重心制御技術「4D Gravity」と、次世代の機体設計思想に触れることができる。
・大手ゼネコンにも導入されるドローン測量アプリを開発・運用するCLUE社の開発事例とドローンエンジニアを目指すものに向けた体系的な手引き。

イベント概要

テーマドローンサービス開発チュートリアル
日時3月8日(金) 18:30~
場所日本経済新聞社 SPACE NIO(スペース ニオ)
参加費無料(事前にSOLMUアプリのDLが必要)
参加対象ドローン開発に興味のあるエンジニアやクリエイター
C,C++やiOS/Androidでの開発経験がある人
画像処理や機体制御に関心のある人
ドローンの機体設計や電子工学に関心がある人
持ち物名刺2枚(受付時に提出)
登壇者CLUE 榊原知也 氏 エアロネクスト大河内 雅喜 氏
タイムテーブル(予定)18:30 開場
19:00~19:15 主催者挨拶
19:15~19:50 「ソフトウェア開発入門」 (CLUE榊原 氏)
19:55~20:30 「これからのハードウェア開発」
20:30~21:00 懇親会
主催日本経済新聞社

登壇者プロフィール

株式会社エアロネクスト

https://aeronext.blue/

大河内 雅喜( おおこうち まさき)
株式会社エアロネクスト 空力研究所 上席研究員
東北大学工学部航空宇宙工学専攻。小型航空機の空力特性について研究し、航空宇宙学会において学生優秀講演賞受賞。全日本空輸株式会社に入社。ジェットエンジン部門のエンジニアとして活躍。その後、株式会社エアロネクストのビジョンに共感し入社。空力研究所上席研究員として、機体開発及び機体性能評価に従事。

株式会社CLUE

https://corp.t-clue.com/

榊原 知也(さかきばら ともや)
株式会社CLUE COO
東京大学大学院工学系研究科修了後、新日鉄住金ソリューションズにてWebサービスやスマートフォン向けアプリの開発を担当。QR決済アプリやモバイルPOSレジアプリの開発を中心にプロジェクトマネージャーとして従事。2017年10月CLUEに入社し、日本で初めてのドローンによる屋根点検アプリ「DroneRoofer(ドローンルーファー)」をリリース。「優しいけど厳しい」ではなく「厳しいけど優しい」マネジメントが最近の目標。趣味はサウナ。