ドローンジャーナル

JUIDA・JUTM・JUAVの3団体連携、福島RTFにて目視外飛行に向けた実証実験を開催

 2019年2月8日、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下JUIDA)、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム(以下JUTM)及び一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(以下JUAV)は、昨年7月に開所した福島RTFの通信塔の機能を用いて、将来的な無人航空機の発展のため、福島RTFにて目視外飛行に向けた実証実験を開催したと発表した。

 今回の実証実験では、初めてJUIDA、JUTM、JUAVという日本のドローン産業を代表する3団体が連携し、今後のドローン産業の持続的発展のために不可欠と考えられる、操縦技能・機体・運行管理システムという面での評価基準のあり方を検討した。実証実験には石田総務大臣も視察に訪れ、福島RTFの現状や今回の実証実験の意義・目的の説明もなされた。
今回の実証実験の評価内容は3月13日(水)~3月15日(金)で開催されるJUIDA主催、日本最大の無人航空機単独展示会である『Japan Drone 2019』にて、公表される予定。

実施概要

日時   :2019年1月23日(水)8:30~16:00
実施場所 :福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市原町区萱浜赤沼61)
実証概要 :通信塔を用いた無人航空機の大規模目視外飛行実験。機体、操縦・運用、運航管理システムについて、RTFで実施
      可能な評価の基準や手順についてそれぞれ検証を実施した。
参加団体 :一般社団法人日本UAS産業振興協議会、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム、一般社
      団法人日本産業用無人航空機工業会ほか
協力機関 :福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
詳細内容 :URL:https://uas-japan.org/news/announce/2174/