ドローンジャーナル

広島府中への大学誘致を見据え、お寺の中でドローンレースジャパンカップが開催!

日本初となる『賞金付きマイクロドローンHD空撮コンテスト』も開催

 一般社団法人日本ドローンレース協会は、ふちゅう大学誘致の会と広島県府中市にある「釈迦院」のお寺にて、2019年1月19日(土)に、21世紀の新しいスポーツである賞金付きFPVドローンレース『JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP』を開催する。

「FPVドローンレース」とは

 「FPVドローンレース」とは、FPVゴーグルをかけて行うスピードドローンレース。全く新しいスポーツ競技である。
 ドローンパイロットはFPVゴーグルと呼ばれるヘッドマウントディスプレイを装着し、ドローンについたカメラの映像を見ながら操縦を行い、スピードを競う。今や世界中で爆発的な人気をよんでいるのがこの「FPVドローンレース」であり、JDRAでは国内外でドローンレースを企画運営し、スポーツとしてドローンの安全に普及することに尽力している。

 マイクロドローンは、わずか25gの超軽量のドローンでありプロペラガードが必須であるため、当たっても全く痛くない安全なドローンであり、子供から大人まで、老若男女が一緒に楽しむことができる数少ない競技。
 小さく安全であるがゆえに、飲食店や商業施設など人が混み合うスポットでもドローンレースが開催することが可能であり、今回は”お寺”の中の本尊がある場所でドローンレースを開催することとなった。

FPVゴーグルをかけて行うスピードドローンレース
わずか30gも満たないマイクロドローンが縦横無尽にコースを飛び回る
営業中の中華料理屋で行われたドローンレース

日本初開催となる『賞金付きマイクロドローンHD空撮コンテスト』も開催

 ドローンレース開催地となる釈迦院は、およそ900年の歴史を有する寺院。今回はレースや体験会のみならず、寺院を舞台とした空撮コンテストを開催することとなった。空撮コンテストに参加することが許可されるドローンは200g未満でかつHD撮影が可能なドローンであり、安全面や法律面も考慮した上で実施される。

わずか60gでFHDの安定的な撮影が可能なマイクロドローンが世界中で話題

開催概要と今後について

 選手申し込み、ドローンの体験(無料のため人数制限あり)、15時以降のレース見学や取材が可能。当日の見学は無料、ドローンの体験会は先着となる。なお、取材については事前に連絡が必要だ。

【開催概要】
タイトルJDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.17 in 釈迦院
日付2019年1月19日(土)16時〜21時
場所広島県府中市土生町1158 釈迦院
配信ニコニコ生放送でライブ配信(17時〜)
主催ふちゅう大学誘致の会
府中商工会議所
運営JDRA 日本ドローンレース協会
瀬戸内DRONE WALKER
内容①ドローン体験会(無料)(10時〜)
②航空安全祈願法要(13時〜)
③FPVマイクロドローンレース(16時)
④マイクロドローンHD空撮コンテスト
見学取材

ライブ配信・申込情報

[ニコニコ生放送-番組ライブ配信-FPVマイクロドローンレース]
http://live.nicovideo.jp/watch/lv317853727

[ドローンレース申し込み・見学ページ]
https://jdra-tinywhoop-japan-cup-no17.peatix.com/view

[マイクロドローンHD空撮コンテスト申し込みページ]
https://peatix.com/event/589158/view

 このたび広島県初となるFPVドローンレースが実現した。JDRAは、「広島で国内レースタイトルや世界大会が開催されることを目指していく」と、今後もFPVの普及活動に積極的な姿勢を見せている。