ドローンジャーナル

テラドローン、豪のUAVサービス企業C4D Intelを買収、新会社を設立

-鉱業分野、オイル&ガス等エネルギー分野におけるUAV LiDARソリューションの提供を開始-

2018年12月11日、テラドローンは、欧州・アフリカ支社に続き、C4D Intel(オーストラリア、パース) に大型出資契約の締結を完了し、鉱業分野、オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立することを発表した。今回の設立で、南アフリカ、インドネシア、イギリス、ベルギー、オランダなど10社目の海外拠点の設立となる。

C4Dintelは鉱業、石油、インフラなど産業領域に特化したオーストラリア発のUAVサービス企業で、無人航空機の遠隔操作や衛星等のデータ解析を得意とする。今回の合弁により、テラドローンの所有する地下マイニング技術や、オイル&ガスのパイプ点検、モニタリング技術を用いてオーストラリアにおける更なる事業拡大を図る。

専門家によるとUAVサービス産業や衛星データ活用は数十年で10倍に拡大すると言われている。また、鉱業が国内GDPの7%を占めるオーストラリアでは、人件費の高騰や、劣悪な労働環境などの社会問題を解決すべくエネルギー産業の機械化、自動化に注目が集まっている。

そこでTerra Drone Australiaでは、国内外でのLiDERによる総プロジェクト数が300を超える実績をもつTerra drone Japanと連携してLiDARソリューションの推進と南アフリカ支社で培った地下マイニングの技術を用いて鉱業・オイル&ガス・電力分野でのUAV利用の拡大を促す。LiDERは写真測量に比べて迅速かつ詳細な3Dデータや、等高線データの取得、土量計算が可能で、実際に日本では災害時に、地震や土砂崩れで人の立ち入りができない危険地域に入り二次災害の防止という非常に大きな役割を果たした。Terra Drone Australiaでも自社開発の『Terra Lidar』や地下マイニング技術を通じてオーストラリアの基幹産業であるエネルギー産業の発展に寄与でできるとの期待と展望を示した。