ドローンジャーナル

メトロウェザー、シリーズAラウンドにて2.2億円の資金調達を実施

 2018年11月19日、超高分解能ドップラー・ライダー※を用いた、「高精度風況観測」を提供する京都大学発ベンチャーのメトロウェザーは、Drone Fund、リアルテックファンド、真鍋康正氏(高松琴平電気鉄道 代表取締役社長)、を引受先とした第三者割当増資と、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による平成30年度「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業」助成事業に採択され、総額2.2億円の資金調達を実施したことを発表した。
同社は今回の調達資金をもとに、ドップラー・ライダーの高精度化・小型化の開発を進め、ドローン社会の実現へ向けて加速していく、との展望を示した。

ドップラー・ライダー:大気中にレーザ光を発射し、大気中のエアロゾル(塵、微粒子)からの反射光を受信しすることによって風速・風向を観測することができる大気計測装置。

背景

ドローン運行を妨げる「風」を観測できるドップラー・ライダー。

 近年、「空の産業革命に向けたロードマップ」を制作・発表するなど、ドローンの社会実装に向けた国の施策が大きく進んでいる。一方で、多くのドローンが当たり前のように上空を行き交う社会には、ドローンが「安全に」空を飛ぶための運航管理システムの整備が必須であるが、ドローンにとって最大の敵が「風」だと言われている。ドローンの衝突やバッテリー切れは機体の改良で対処できるが、原理上突風は回避することができず、落下リスクは常につきまとう。同社は、ドップラー・ライダーにより「風」を正確に捉え、突風の可能性が高い飛行ルートを避けることを可能にし、ドローンの安全な運航を実現していく、との展望を示した。

同社の技術

高精度の風況観測技術で、ゲリラ豪雨の検知も可能。

 ドップラー・ライダーは、数十km先のマイクロメートルスケールのエアロゾルを捉える。同社は、京都大学生存圏研究所において富士山レーダーに代表される、長距離・高精度の気象観測レーダー開発の知見を応用し、独自の信号処理を行うことで高い精度を実現した。これは例えば東京駅から新大阪駅のホーム上にあるピンポン玉の動きを捉えられる精度に相当する。これにより、ドローン運航時の突風などを検知可能とし、またゲリラ豪雨の前触れとなる上昇気流を正確にキャッチすると共に、気象災害による損害を抑えることにも貢献する。

 従来のドップラー・ライダーは軍事用途や空港での運用を想定しており、数mから10m以上のサイズが一般的で、ビルの屋上や基地局に設置することは到底困難であった。同社は、信号処理の効率化や内部構造の適切な実装を行うことにより、大幅な小型化を実現した。製品化時には1m^3以下のサイズに小型化し基地局などに設置し、高層ビルの立ち並ぶ都市においても、3次元風況マップ(風況観測データ)を提供し、安全なドローン社会の実現を支える技術の開発を目指す。

ユースケース

 同社の技術は、ゲリラ豪雨の検知や、洋上風力発電用の風況モニタリング等の広範な分野への応用が可能であり、ドップラー・ライダーを通した「空の安全」の提供を目指す。想定しているユースケースは以下の通り。
 ◎都市防災
 ◎風力発電
 ◎ドローン
 ◎航空

Drone Fund 代表 千葉功太郎氏 コメント

 Drone Fundは、ドローン前提社会、エアーモビリティ社会の実現を目指している。同氏がクリエイティブマネージャーを務めるリアルテックファンドと同タイミングで投資・支援を開始する初めての案件となる。メトロウェザー社の小型かつ高精度のドップラー・ライダーはドローン前提社会に必要不可欠なツールとなり、防災分野においても、緊急豪雨の確率的予報の提供を行うなど、社会的意義がとても高い。Drone Fundは、メトロウェザー社のドップラー・ライダーの社会実装に向けて積極的に支援を行っていく。

リアルテックファンド 代表 永田暁彦氏 コメント

 リアルテックファンドは、100年後の豊かな地球を支える技術を開発する研究開発型ベンチャーへの投資と支援を通じて、人類を資本主義から解放し進化させることを目指している。メトロウェザー社のテーマは「風」である。超高分解能ドップラー・ライダーを通した風況観測はドローン社会の基盤を支える技術であり、また近年多くの被害を生んでいる気象災害の検知への応用が期待されるなど、防災分野を中心に社会インパクトが大きく、人類の発展に貢献できる技術であると考えている。リアルテックファンドは、メトロウェザー社が世界中へ「空の安全」を提供するその日まで全力で支援を行っていく。