ドローンジャーナル

エアロネクスト、日本企業として初めて参加した深セン国際ピッチ大会で第3位入賞&知的財産賞を同時受賞

独自の重心制御技術(4D Gravity(R))が、ドローンの本場・深センでも高評価。海外進出への足がかりを掴む。

 株式会社エアロネクストは、中国・深セン市で開催された国際ピッチ大会、「創新南山2018“創業之星”大賽」(以下「創業之星2018」)に、日本企業として初めて出場。2018年11月15~16日、深セン市南山区人民政府にて開催された。同社は、スタートアップ部門にて第3位入賞を果たすと同時に、知財戦略を評価され、知的財産賞を受賞した。

エアロネクスト

 エアロネクストは、UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームを扱う、ドローン・アーキテクチャ研究所。ドローン・アーキテクチャの中心テーマとして「姿勢制御」を目差しており、重心制御技術(4D Gravity(R))に強みを持つ機体開発を行っている。

「創業之星2018」

 この度エアロネクストが出場した「創業之星2018」は、今年で11年目を迎える中国で最も歴史ある起業家イベントのひとつだ。賞金総額は330万元≒5,412万円。本年は、4,000(うち海外540)を超えるプロジェクトの中から、中国国内外の各予選で優勝した24チームが出場した。エアロネクストの出場は、8月30日に渋谷で開催された国内予選「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」(主催:一般社団法人渋谷未来デザイン)にて優勝したことで実現。日本企業として初めての参加となった。

プレゼンテーション

 エアロネクストは24チーム中、 14チームがエントリーするスタートアップ部門に出場。最後となる14番目に代表取締役CEOの田路圭輔が登壇し、5分間のプレゼンテーション及び質疑応答を行った。 質疑応答では、日本からの参加を歓迎する声と同時に、日本国内のピッチ大会と同様に技術やビジネス戦略に関する質問が相次いだ。

知的財産賞

 「創業之星2018」では、本年、主催する深セン市南山区で知的財産保護に関する先進的な取り組みを進めていることから、知的財産への意識が高い企業を表彰する知的財産賞を創設。他2社と共にエアロネクストが表彰された。エアロネクストは知的財産を重要な経営資源と位置づけており、本賞の受賞はそれを後押しする成果となった。

表彰式

 最終日には、表彰式とセレモニーが行われた。華やかな会場設営がなされ、多くの関係者やメディアが多数集まった。発表を前に出場24チームの代表が1分間のスピーチを行い、エアロネクストの代表取締役CEO田路圭輔氏も、改めて4DGravity(R)を中心とした独自技術をアピールした。

第3位入賞(ドローン関連では1位)

 最後に優秀プロジェクトの発表が行われた。スタートアップ部門の優勝は医療用の画像診断装置を開発する中国のスタートアップ、準優勝は、データ解析を強みとするイスラエルのAIベンチャーと、 中国の化学系スタートアップだ。エアロネクストはこれらに続く三等賞(第3位:賞金10万元≒164万円)を受賞。ドローン関連で出場した3チームの中ではトップの成績となる。

海外展開に向けた試金石に

 エアロネクストは、この度の受賞に関して、「10月に「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞したエアロネクストにとって、中国・深センで行われる本大会への出場は、今後の海外展開に向けた重要な試金石でした。結果として、ドローンの聖地である深センにおいてエアロネクストの独自技術4D Gravity(R)を搭載した機体に対して大きな反響があったことは大きな自信になりました。また、エアロネクストは今回の深センでのデビューでグローバル展開における確固たる足がかりを掴みました。」と述べており、今後の海外展開に前向きな姿勢を見せている。