ドローンジャーナル

キャノンMJ、兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験に協力

開発中の遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)は、2018年10月15日から18日にかけて実施された、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証実験に協力したことを発表した。

従来通りフライト前にカメラを設定して撮影した画像
遠隔制御システムを用いて最適なカメラ設定で撮影した画像

 姫路市では、現在、劣化調査など公共施設の維持・保全活動において先端技術の導入に取り組んでいる。これまで、劣化調査は外部委託先の調査員や市職員による目視で実施していたが、調査の効率や正確性をより向上させるため、ドローンを用いた点検の実用化を検証している。

 キヤノンMJ は、従前よりレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズや業務用ビデオカメラによる高精細画像を用いた構造物の点検を行うソリューションを提案している。

 これまで、施設劣化に伴う点検業務をおこなうにあたり、大きな問題点があった。ドローンに搭載されたカメラの設定をフライト前に行うため、設定変更が必要になるとその都度ドローンを帰還させなければならないのである。操縦者に負担がかかり、作業効率への悪影響がでてしまう。

 そこで今回の実験では、キャノンMJが株式会社日本ビデオシステムと共同で開発している、カメラの各種設定を遠隔操作により行うシステムを提供した。

 遠隔制御システムを使用することで、フライト中に地上からカメラの設定変更が可能となり、より鮮明な画像の取得が実現された。実験では「EOS」シリーズの中で最高の画素数※をもつ「EOS 5Ds R」(有効画素数約5,060万画素)を使用することで、従来と比べ被写体との距離を保っても高精細な画像取得を可能とし、点検での活用の幅を広げた。

※ 2018年10月18日現在。「EOS 5Ds」も同様に有効画素数約5,060万画素。

 遠隔制御システムで操作できる項目は以下の通り。

・シャッタースピード
・絞り(F値)
・露出補正
・シャッターボタン半押し
・レリーズ
・動画撮影のスタート/ストップ

 キヤノンMJは、「本システムの有効性の確認のために今後も実証実験を実施していく」とコメントしている。

実験の概要

実施日時2018年10月15日(月)~ 2018年10月18日(木)
実施場所手柄山交流ステーション、 書写の里・美術工芸館、 花の北市民広場 他
実施主体姫路市都市局、 株式会社アマナビ
実施協力株式会社環境総合テクノス、 ケイプラス株式会社、 株式会社GEO ソリューションズ
DJI JAPAN 株式会社、 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
実施内容施設の劣化調査に赤外線カメラ・可視カメラを搭載したドローンを活用する実証実験
実施成果ドローンによる撮影画像の活用の有用性の確認