ドローンジャーナル

Future Dimension Drone Institute、ドローンを活用した荷物配送検証実験の開始

 和気町ドローン物流検証実験協議会は12月1日からドローンを活用した荷物配送検証実験を岡山県和気町で開始すると発表した。これは、ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向け、国土交通省・環境省の連携事業「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」として全国5地域で順次進められている検証実験の一つとして実施するものである。

 検証実験期間は12月1日から2週間程度とし、その期間は実際にドローンを活用し、和気ドーム駐車場から10㎞先の津瀬地区配送エリアまで荷物配送が行われる。また実験に際し出発式が開催される予定。

開催概要

1 日時 平成30年12月1日(土) 午前10時~
2 場所 和気ドーム駐車場(和気町益原多目的公園内)〒709-0452 岡山県和気郡和気町益原 681-1
3 使用機体 AeroRange2 株式会社エアロジーラボ
4 検証実験内容 下記の国土交通省ホームページ参照
http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_20180628kobo.html