ドローンジャーナル

Drone Fund、空飛ぶクルマの開発を行うSkyDriveへの出資を実行

 2018年11月3日、Drone Fundは、空飛ぶクルマ(エアーモビリティ)の開発・製造・販売をSkyDriveに、Drone Fund2号より3億円の出資を行うことを決定した。

 SkyDrive はCARTIVATORのメンバーを中心に設立された。「誰もが空を飛べる時代をつくる」とミッションに掲げ、2023年までに空飛ぶクルマの市販化を目標としている。

 Drone Fundは、ドローン関連のスタートアップに特化したファンドとして千葉功太郎氏により設立された。2号ファンドでは、「エアーモビリティ社会」の実現を新規テーマとして加え、空飛ぶクルマに関連する分野への投資に力を入れていくとの方針を示した。

 空飛ぶクルマには、都市部における移動時間の短縮、離島や山間部での移動の利便性の向上、緊急搬送や物資輸送の迅速化などの効果が期待されています。国内外で実現に向けた動きが進んでおり、日本においては、官民の関係者が参加する「空の移動革命に向けた官民協議会」が設立された。

 Drone FundとSkyDriveは、空の移動革命に向けた官民協議会に構成員として参加し、第一回会合において発表を行うなど、空飛ぶクルマの実現に向けた公共政策活動を行ってきた。今回の出資により、SkyDriveの社外取締役として、Drone Fundのパートナー/公共政策担当責任者の高橋伸太郎が新たに就任する。両社はエアーモビリティ社会実現に向けた活動を加速させていく、との展望を示している。