ドローンジャーナル

ヴイストン、全方向移動が可能な研究開発用台車ロボット「メカナムローバーVer2.0」発売!

-メカナムホイール搭載の台車ロボットで、可搬重量40kg、最高速度1.3m/sを実現-

 ロボット関連製品の開発・製造・販売を行うヴイストンは、研究開発用台車ロボット「メカナムローバーVer2.0」を2018年10月31日より販売することを発表した。

メカナムローバーVer2.0

 「メカナムローバーVer2.0」は、好評発売中の「メカナムローバーVer1.2」の後継機種となる4輪駆動の研究開発用台車ロボットである。アルミフレームの高剛性なロボットとなっており、可搬重量は40kg、最高速度は1.3m/sを実現した。Wi-Fi / BLE / Bluetooth Classicの無線通信規格と、USBシリアル通信に対応しており、PCやタブレット、Raspberry Piなどから制御できる。また、ROSを使った制御にも対応している。制御ボードには、Arduino互換ボード「VS-WRC021」を搭載し、Arduino IDEを用いてプログラムすることで動作させることも可能である。

商品特長

全方向移動台車ロボット
 4輪のメカナムホイールを駆動輪として使用しているため、前後方向の移動や旋回動作だけでなく、左右方向や斜め方向への平行移動が可能である。さらに、各ホイールにサスペンションを装備したことで1cm程度の段差であれば各輪が確実に接地し、安定した走行を実現する。

無線/有線接続で制御
 Wi-Fi/BLE/Bluetooth Classicの3種の無線通信と、有線のUSBシリアル通信に対応している。指定のコマンドを用いることで、PC やタブレットなど、様々なデバイスから本体を制御することが可能である。また、Raspberry Piの GPIO ソケットと互換のコネクタが搭載されているため、ロボット本体にRaspberry Piを簡単に搭載することができ、制御にも使用できる。

左:無線コントローラ、右:Raspberry Pi 3B搭載(オプション)

ROSメッセージ通信でコントロール
 Wi-Fiまたは、USBシリアル通信を用いてROS環境に接続できる。ROSのメッセージ通信に対応しているため、速度や旋回量の指令値を、わずか数行のコードでメカナムローバーに送信することができる。導入ドキュメントとサンプルプログラムが付属しており、初心者でも、ROS環境で制御システムを作成し、簡単に動かすことができる。
※ROSを動作させるデバイスは別途用意する必要がある。

SLAM サンプルによる地図作成

Arduino IDEでプログラム可能
 メカナムローバーVer2.0の制御ボードである「VS-WRC021」には、ESP-WROOM-32 マイコンが搭載されている。そのため、Arduino IDEを用いて制御プログラムを作成することが可能である。また、製品付属のライブラリにはモータ制御関数や通信関数が含まれていまため、少ない開発負担で制御プログラムを作成することもできる。

Arduino IDE

製品概要

 製品名:メカナムローバーVer2.0
 型番:4571398312793
 価格:540,000円(税込)
 サイズ:398(L)×349(W)×166(H) [mm]
 バッテリー:12Vシール鉛312wh
 駆動方式:4輪駆動、メカナムホイール、15mmサスペンション
 回転検出:エンコーダ
 付属品:充電器、無線コントローラ
 インターフェース:USBシリアル、Wi-Fi、Bluetooth Classic、BLE
※注文時オプション:バンパーセンサ、レーザレンジファインダー、Raspberry Pi 3B

製品サイト:https://www.vstone.co.jp/
販売サイト:https://www.vstone.co.jp/robotshop/