ドローンジャーナル

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催

 2018年10月12日、セキドは、ジャパンメディアシステム協力のもとドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催することを発表した。

ドローンによる災害調査はリモートで行う時代に

 ドローンによるライブ映像配信システムを活用した防災・減災活用セミナーを実施する。赤外線カメラや光学ズームカメラなどの特殊カメラや投下システムなどの最新ドローン機器と、ライブ映像伝送システムを組み合わせたフライトデモも行う。

【申し込み・概要ページ】
詳しくは下記リンクを参照。
https://www.sekido-rc.com/?pid=135906273

【対象者】
 ビジネスにつなげるため、まずは情報収集したい、といった防災や減災対策システムに少しでも興味のある人。
※このイベントはあくまでも、購入前の人を対象とした内容である。

【参加特典】
同セミナーに参加し、11月末までにご発注・納品した人は、「LiveOn」初期費用から最大¥300,000円割引。

【日時・費用・募集人数】
・開催日時:2018年11月2日(金) 受付:13:30~/ セミナー開始:14:00~17:00
・参加費用:無料
・募集人数:50名(定員に達し次第締め切り)
・会場:横浜市金沢産業振興センター(大会議室/体育館/グラウンド)
 所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦1-5-2
※産業振興センターの施設側ではイベントに関する問合せは受け付けていない。

【デモ機材紹介】

PGY Phantom4 シリーズ用 投下システム

 隊員が容易に到達できない場所へのアクセス手段としてドローンを活用。投下システムによって救難物資を迅速に届ける事ができるなど、活用幅の広いシステムである。

DJI MATRICE210-RTK 産業専用機

 17インチプロペラと高性能モーターの組み合わせで、強風時でも安定して飛行する。 離れた場所から迅速に行方不明者を発見し、最も安全な救助経路を計画できる。

DJI Zenmuse XT2 赤外線カメラ

 見えない情報を視覚化 FLIR社製サーマルセンサーにより、わずかな温度差を視覚化し、肉眼では確認できない詳細な状況を表示する。

LiveOn(ライブオン) 映像配信システム

 ドローンによるライブ映像配信や災害現場-対策本部間の連絡など、業種や規模を超えて幅広いシーンでの活用が可能。

※当日の条件によって機材変更の可能性がある。

【スケジュール】
第1部:デモ(屋外 or 体育館) 14:00~15:00
第2部:座学(大会議室) 15:00~16:15
第3部:個別対応&見積相談会(大会議室) 16:15~17:00