ドローンジャーナル

京東集団、上海蟹のドローン配送を開始 テクノロジーで生鮮宅配に革新、生鮮事業の発展に貢献

 中国・小売業大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)は、高級上海蟹の産地である陽澄湖の漁解禁に伴い、自社ドローンによる上海蟹の配送を2018年9月より開始したことを発表した。

 京東は2015年12月よりドローン開発に着手し、2017年よりドローンによる物流配送を開始した。同社はドローン配送を開始して以来、特殊な農産品を配達する飛行ルートの設定、辺境地域での農産品輸送や貧困扶助など、多くの実績を残している。この度の上海蟹の配達では陽澄湖の湖畔から付近の京東の配送ステーションまでのルートを、最大飛行半径10キロメートル、最大積載量10キログラムのドローンを使用し、飛行時間3分で配送する。9月~10月が旬である上海蟹の物流始点の配送効率を上げることで、消費者へより新鮮な状態で提供することが可能になる。

 京東の生鮮食品事業である京東生鮮は京東物流と連携しており、中国全土190都市で当日中の配達を行っている。また、京東の所有する北京・上海・広州3地区の協同倉庫を使うことで、同地区では注文から最短4時間以内で配達が可能である。
 配達スピードだけでなく、消費者に安心・安全をお届けするため、約50種の蟹ブランドにブロックチェーントレーサビリティとドッキング技術を導入した。消費者は、商品パッケージに貼られたQRコードをスキャンすると、蟹の産地、成長環境、品質検査結果、捕獲日などの情報を確認することができる。

 同社は、これからも中国国内における「小売業者No.1」「物流網No.1」※1という強みを活かし、積極的なイノベーションを継続させながら、「ボーダーレスリテール※2」の実現に向けて技術発展を目指していく、との展望を示した。

※1 出典:「JD.com Inc 1Q2018 Financial and Operational Highlights」(http://ir.jd.com/phoenix.zhtml?c=253315&p=irol-irhome
※2「ボーダーレスリテール」とは:京東が提唱する、オンラインとオフライン(実店舗)、物流機能まで融合させたビジネスの総称。消費者にいつでも・どこでも、オン・オフラインの境界線すらも越え快適に消費できる環境を提供すること。同社はこの「ボーダーレスリテール」を、小売業のあるべき姿と考え、そこに近づくためのサービスを提供している。京東劉CEOはこの「ボーダーレスリテール」ついて、「シーンは無限、貨物に国境は無く、人と企業の間にも壁はない」と述べている。