ドローンジャーナル

トルビズオン、ドローンユーザと土地所有者のマッチング、sora:shareマーケット開始

-ドローン空撮、練習、実証実験など様々な用途で-

 2018年10月10日、トルビズオンは「世界の空のプラットフォームになる」というビジョンを掲げる新サービス「sora:share」に、空中権取引が可能なマーケット機能を実装し、再リリースした。

sora:share

 ドローンの利活用が急ピッチで進んでいる現代だが、実は無許可に他人の土地上空でドローンを飛ばすことは民法上グレーとなっている。実情、全国のドローンユーザは土地所有者の許諾を得ることが空域利用のにおける最初の課題となっている。そこでトルビズオンでは空の使用権を売買するというサービス「sora:share」を開発した。

sora:share

 土地所有者はsora:share上で土地の情報を登録し、空域利用者は登録された土地を選び、飛行する権利を得ることができる。その対価として、利用者は使用料を支払うという仕組みだ。

 利用者としての課金モデルは2つ用意されている。1つ目はUnlimitedと呼ばれる月額課金モデル、2つ目はOne-timeの都度払いモデルだ。定額制は主に郊外でのローリスクな場所を、都度払いは都心部でのハイリスクな場所を予定しており、企業や自治体などと協力して土地を確保する。

 また土地を登録する際、土地所有者は自分の空に名前をつけることができる。空の 「緯度・経度・高度」 の組み合わせに対して、固有の名前「スカイドメイン」を与えられる。スカイドメインは、以下のようにインターネットのドメインと似ている。このようなドメインを設定することで、複雑な空の形を名前で判別できるようになると共に、今後のドローンの自動航行にも活用できるというものだ。

スカイドメイン

 現在sora:shareはβ版にてテストユーザーの利用者を募集している。テスト期間中、土地所有者はスカイドメインの登録料、またドローンユーザはsora:share Unlimitedの利用料が無料となっている。登録方法は以下の動画を参照。

sorashare説明資料