ドローンジャーナル

エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

-国内予選で優勝。ICCリアルテックカタパルト優勝、ディープテックグランプリでも受賞-

 エアロネクストは、2018年8月30日、渋谷EDGEof(東京都渋谷区)で開催された国際的ピッチコンテストの国内予選である「Nanshan“Entrepreneurship Star”Contest 2018 Shibuya」(主催:一般社団法人渋谷未来デザイン)にて優勝し、10月下旬に中国深セン南山区で開催予定の世界大会「Nanshan“Entrepreneurship Star”Contest」に日本代表として出場することを発表した。

 また、2018年9月4~6日において開催された「Industry Co-Creation ™ (ICC) サミット KYOTO 2018」(主催:ICCパートナーズ)のピッチコンテスト「REALTECH CATAPULT リアルテック・ベンチャーが世界を変える」 Supported by電通 においても優勝した。

 さらに、2018年9月8日開催のディープテックグランプリ(主催:リバネス)においては三井化学賞を受賞。賞金20万円を獲得した。

 エアロネクストは、引き続き展示会およびピッチコンテンストへの参加を通じ、次世代ドローンが可能にする新しいドローン前提社会への取り組みについて発信していく、との展望を示した。