ドローンジャーナル

キャノン、グローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサー“3U5MGXSMAA/3U5MGXSCAA”を発売

 キヤノンは、グローバルシャッター機能を搭載し、高速で移動する被写体をゆがみなく正確に撮像することが可能なCMOSセンサーの新製品“3U5MGXSMAA(モノクロ)/3U5MGXSCAA(カラー)”を2018年10月1日より発売することを発表した。

3U5MGXSMAA/3U5MGXSCAA

主な特長

 同製品は、グローバルシャッター機能を搭載し、高速で移動する被写体をゆがみなく正確に撮像することが可能なCMOSセンサーである。工場でベルトコンベア上の部品を検査するカメラや、ドローンに搭載する空撮用カメラなど、産業用途のニーズに対応する。

グローバルシャッター機能を搭載
 高速移動する被写体を撮影するような産業用途などにおいて、ローリングシャッター方式のCMOSセンサーでは画素行ごとに順次露光する。そのため信号読み出しにわずかな時間差が生じ、被写体がゆがんで撮像されることが課題とされている。同製品は、全画素を同時に露光するグローバルシャッター方式を採用しているため、高速で動く被写体もゆがみなく正確に撮像することが可能である。工場でベルトコンベア上の部品を検査するカメラなどへの活用に適している。

高フレームレートと低消費電力を両立
 同製品は、全画素読み出しでフレームレート最大120fpsを実現しているため、高速移動する部品などの検査用途に適している。一般的に、高フレームレート時には消費電力の増加が懸念されるが、キヤノン独自の回路技術により、低消費電力を実現している。これにより、ドローン撮影などバッテリー駆動時でも長時間使用することが可能である。また、消費電力が少ないことにより、放熱のためにカメラ筐体(きょうたい)の体積を大きくする必要がなく、カメラ筐体の小型化にも寄与する。

産業用途で求められる多彩な機能
 同製品は、任意の領域を最大8領域まで選択し読み出す情報量を削減することで、フレームレートを上げることができるROI(Region of Interest)機能を搭載している。また、外部からの信号により露光のタイミングを制御することができる外部トリガー露光制御機能も搭載している。例えば工場の生産ラインで部品の検査をする際に、被写体が特定の位置を横切ったタイミングで露光し、撮像することができる。さらに、水平・垂直反転機能により、カメラを天井などに逆さに設置した場合でも、センサーの信号読み出し向きを切り替えることで、センサー内で見やすい向きの画像にして出力することができ、PCなどの負荷を軽減することが可能である。

CMOSセンサーの市場動向
 産業用カメラに用いられるCMOSセンサーは、製造業の生産ラインにおいて部品の位置や姿勢を認識するマシンビジョンシステムやフラットパネルディスプレイなどの検査、セキュリティ、空撮などさまざまな用途で使用されている。高速で移動する被写体を正確に認識する必要のある産業用途においては、動体撮影時でもゆがみのない画像を取得することができるグローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーの需要が高まっている。(キヤノン調べによる)

商品紹介ページ

・CMOSセンサー(https://cweb.canon.jp/indtech/cmos/
・500万画素グローバルシャッター CMOSセンサー(https://cweb.canon.jp/indtech/cmos/lineup/e-shutter/