ドローンジャーナル

両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

-ドローン操作のモニターに活用-

 2018年9月20日、エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を同年10月17日より順次発売することを発表した。

BT-35E
BT-30E

 新商品『BT-35E』『BT-30E』は、ヘッドセット部に現在発売中のMOVERIO「BT-350」「BT-300」で高い評価を得ているシリコンOLED(Organic Light Emitting Diode:有機EL)ディスプレイの採用により、高輝度、高コントラスト、高解像度を実現し、高画質な映像を投写できる。

 今回、専用コントローラーに代わり、HDMI®・USB Type-C※1の入力端子を搭載したインターフェイスボックスを採用した。これによりHDMI®・USB Type-C対応の既存システムと有線接続するだけで機器の映像情報を遅延なく出力でき、新たなシステムや専用アプリを開発する必要がない。また、操作も普段慣れている機器で行えるため、新たなトレーニングも不要である。

 『BT-35E』は、壊れにくいヒンジレス構造と頭のサイズに幅広く対応できる可動式のテンプル構造を採用、生活防水(IPX2)※2で屋外でも安心して使用できる。さらに2年間の無償修理サービスにより、ビジネスで安心して使用できる。
 『BT-30E』は、ヘッドセットの重さが69g(シェード・ケーブル除く)の軽量でスリムなデザインが特長のモデルである。

 『BT-35E』『BT-30E』の主な用途は、画像・映像を確認しながら実施する業務を想定している。視野内の手元と必要情報の確認が、頭部移動をほとんどせずに行えることで作業がスムーズに進み、業務の効率化が図れるシーンで活用できる。

活用事例 ドローンからの映像を大画面で確認

 新商品は、業務用ドローン機器等のモニターとしても使用できる。MOVERIOを送信機とHDMI®ケーブルで直結することで、明るい屋外でも大画面で鮮明な映像を確認することができる。

商品名価格販売予定日
BT-35Eオープンプライス10月17日
BT-30Eオープンプライス11月下旬

 エプソンは今後も長年培ってきた独創のコア技術・コアデバイスを結集させ、両眼シースルーのスマートグラス MOVERIOを通じて、新たな価値を提供していく、と展望を述べた。

※1:同機はUSB Type-CのDisplayPort Alternate Modeをサポートしている。
   接続する外部機器がUSB Type-Cによる映像出力に対応している必要がある。
※2:ヘッドセット部のみ

(注):「USB Type-C」は、USB Implementers Forumの商標。
(注):HDMI®、High-Definition Multimedia Interfaceは、米国およびその他の国々における、HDMI Licensing,LLC.の商標または登録商標。