ドローンジャーナル

エアロセンス、ANA、福岡市が協同、離島生活をドローンで便利にすることを目指す

-福岡市と国交省・環境省「ドローン物流実用化推進調査」に参画-

 2018年8月30日、エアロセンスは同社とANAホールディングス、福岡市から構成される福岡市ドローン物流協議会が、国土交通省・環境省連携事業「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」の検証実験の実施地域協議会として採択されたことを発表した。
http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000400.html

 日本には420以上の有人島、15,000以上の限界集落がある。これらの地域は配達員の確保や交通インフラの問題等により物資を集配所までしか届けられない、最終需要者へ物資が届くまで時間とコストがかかるなどの物流の課題がある。

 これらの課題を解決するために、ANAホールディングスは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供していく。補助として自動走行型宅配ロボットなどの活用も視野に入れ、低コスト・高頻度で物流拠点から最終需要者のいるところまで物資を運搬できる、きめ細やかな物流サービスの社会実装に向けて、福岡市の玄界島を舞台に、協働していく。

<エアロセンス製 国産 自律飛行型ドローン:AEROBO+VTOL>