ドローンジャーナル

GROUND、中国大手ロボット企業HIT ROBOT GROUP社と協業

(左より)GROUND CEO 宮田 啓友、HRG Service Robotics Division, General Manager Kou Yu氏

 GROUND株式会社は、2018年8月23日(木)、中国の大手ロボット企業HIT ROBOT GROUP社と協業し、「一帯一路」構想の実現を視野に、新たな物流ソリューションテクノロジーの共同実証を行うと発表した。GROUNDが物流業界に対してグローバルに提唱・推進する『Intelligent Logistics』においては、核となるテクノロジーとしてロボットとAIが位置付けられている。最先端のロボットを活用したオペレーションに加え、在庫・リソースなどのデータをAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)』が分析・解析することで、物流オペレーションの最適化を目指すとしている。

 両社が構築を目指す物流プラットフォームでは、さまざまな物流データが蓄積、活用されることにより、ロボットによる自動化・高速化や、AIによる適正化・ルール化が可能となる。企業間のみならず物流施設間においても様々なデータの連携が行われることにより、ソフトウェアとハードウェアのシェアリングを実現するサービスモデルとなる予定。

 今後GROUNDとHRGは、ロボットやAIの物流テクノロジーの共同実証や物流プラットフォームの構築を通して、「一帯一路」構想で重要な役割を担う義烏市などの中国卸売市場を支える物流インフラの改革を推進し、将来的には中国を含め、世界的なグローバル物流網の高度化・効率化に貢献を目指す。