ドローンジャーナル

KAMOMEYA、ドローン目視外運用を見越した次世代リアルタイム気象観測システムの運用開始

 2018年8月16日、かもめやは、リアルタイム性重視の次世代気象観測システム(開発コードネーム:KAZAMIDORI:カザミドリ)を全国に先がけ、瀬戸内海エリアで運用開始したことを発表した。これは、離島や山間部における無人航空機(ドローン)運用の規制緩和を見越して、目視外飛行を行う際に必要となる飛行ルート上の気象状況の把握に利用するものである。

 2018年9月以降、法人ユーザ向けに、月額 3000円~5000円/月・局 ※で、レンタル・リースを予定している。レンタル・リースされた気象観測装置で取得したデータは、法人ユーザが専用アプリで個別に閲覧する事ができる。
※料金は リース・レンタル、 最低利用年数、 タイプ により変動する。

 取得したデータはクラウドシステム上に蓄積され今後、同社で開発中の統合型運行管理システムへの連携やAPI接続サービスでの提供も予定している。

想定される活用シーン(例)

・屋外ドローン練習場・ラジコン飛行場における安全管理。
・工事・作業現場、 イベント会場における安全管理。
・旅客・運送事業における安全管理。
・自然災害等に備えた、 防災・安全管理。