ドローンジャーナル

ドローン・スタートアップ特化型ファンド「Drone Fund2」が設立

〜新規投資家として、サッカー日本代表 本田圭佑氏、みずほ銀行、KDDI、マブチモーター創業家一家、セガサミーが参画を表明 最大50億円規模の世界最大級ドローン専業ファンドに〜

 2018年7月31日、日本を代表する個人投資家である千葉功太郎氏が率いるDrone Fundは、ドローン・スタートアップ特化型ファンド「Drone Fund2号」(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)の設立を発表した。ファンドサイズは最大50億円となり、世界最大級の規模になる見込みだ。新規の初期投資家として、サッカー日本代表 本田圭佑氏(個人投資用のKSKエンジェルファンド)や、国内大手企業などが参画を表明した。

【千葉功太郎氏×本田圭佑氏 対談】

 Drone Fundは、来るべき「ドローン前提社会」や「エアモビリティ社会」に対して、日本から世界で戦えるスタートアップ企業を育てるという理念のもと設立された、ドローン・スタートアップ企業に特化して投資を行うファンドだ。主に日本の技術力や独自アイディアを持つドローン・スタートアップ企業の設立直後から、シード・アーリーステージに対して積極的な投資を行っている。また、ドローンビジネスやインターネット業界の経営を熟知する千葉功太郎を中心とした専門家チームによって、ドローン・スタートアップ企業を力強くサポートしており、ハードウェアからソフトウェアに至る全方位の投資先連携をするだけでなく、大企業とのオープンイノべーションも促進させ、日本から世界で戦えるドローン企業を育成することを目標としている。
 DroneFund2号は、2018年9月末をファーストクローズ、12月末をファイナルクローズとして、最大50億円の資金を調達を目標としている。これは2017年6月に設立したDroneFund1号の約2倍の規模となる。(DroneFund1号は、10億円規模でスタートしたが、最終的には16億円を集めてクローズしている。)

DroneFund2号の設立発表を行う千葉功太郎氏

 アンカーインべスター(初期投資家)には、サッカー日本代表 本田圭佑氏(個人投資用のKSKエンジェルファンド)をはじめ、株式会社みずほ銀行、KDDI株式会社、セガサミーホールディンクグス株式会社などである。なお、今回発表したアンカーインベスター以外の国内の大手企業や、個人投資家も参画予定となっており、大きな注目が集まる。
 第一号Fundから継続した投資家は、Mistletoe株式会社、キャナルべンチャーズ株式会社(日本ユニシス株式会社)、日本アジアグループ株式会社、株式会社FFGべンチャービジネスパートナーズ(ふくおかフィナンシャルグループ)、株式会社オークファン、株式会社リバネスである。

投資企業一覧

 この日の記者会見は茨城県龍ヶ崎市にある竜ヶ崎飛行場で行われた。
 Drone Fundが新たに出資する自律制御システム研究所によるデモフライトやエアリアルラボインダストリーズ(ALI)が開発したホバーバイク「Speeder-One」の実物大模型が紹介された。Drone Fund公式キャラクターとして発表された美空かなたのイラストがラッピングされた、千葉氏所有のセスナ機もお披露目された。

ホバーバイク「Speeder-One」のモック
「Speeder-One」のモックには本田圭佑氏のサインも
千葉氏所有のPA-28-140チェロキー
DRONEFUND公式キャラクター美空かなた
ホバーバイクに試乗するモデルの諸江雪乃さん

 Drone Fund2号の設立に合わせ、Drone Fundが目指す、「ドローン前提社会」や「エアモビリティ社会」の近未来予想図をイラストで発表された(下図)。イラストは、「ドローン観光」や「ドローンタクシー」、「公道を走るホバーバイク」など、ドローンが生活で活用されている場面が描かれる。