ドローンジャーナル

テラドローンとジョン・ジンクが国内大手製油所にてドローンによるフレアスタック点検を実施

 2018年7月24日、テラドローン株式会社、コークアジアパ シフィック合同会社ジョン・ジンク事業部は、DJI製赤外線カメラを搭載したRTK付きドローン(Matrice210RTK)を用いて国内大手製油所にて、フレアスタック点検を実施した。

 フレアスタックは工場の余剰ガスを燃焼する機器で、プラントが運転中は運転開始・停止の作業中も含めて常に安全に運転できる状態にあることが要求されている。燃焼は先端に取り付けられているフレアチップによって行われるが、安全上の制約から運転中にはフレアスタックに登ってフレアチップを点検することはできない。従来は地上からの目視によりフレアチップの健全性を確認していたが、地上からの角度でのみの目視であり、解像度にも限界があることから、運転停止時の補修計画を立てるのが困難だった。仮に定修中に予期せぬ不具合が発見された場合にはその補修が完了するまではプラントを立ち上げることができないケースもある。

撮影イメージ

 本案件では、DJI 製の点検機体Matrice210 RTKと赤外線カメラが使用された。耐風性が高く、地場干渉の影響を受けにくい当機体の採用により、安定したフライトが実現し、精緻なデータ取得が可能となった。また、赤外線カメラの映像とカメラ映像のデュアル撮影が可能なDJI製赤外線カメラを採用したことにより、異常箇所の詳細を把握することができる。

 ドローンを使用してフレアチップの状態を近距離から撮影することにより、その状態を高い精度で把握することができ、定修時に必要かつ十分な補修を行うことが可能となる。これにより、プラントの安全性、信頼性の向上はもちろん、非計画運転停止の回避ならびに定修時のメンテナンス費用削減が期待される。