ドローンジャーナル

山の遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額500万円)の開催決定

7/30(月)に参加予定者向け事前説明会をアットビジネスセンター東京駅八重洲通りにて実施

 2018年6月29日、Japan Innovation Challenge 2018実行委員会(以下「JIC実行委員会」)は、2018年10月10日(水)~10月12日(金)の3日間に実際の山を使った遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額:500 万円)を北海道上士幌町にて開催することを発表した。また、会期中には、過去のコンテストにおいて課題を達成した団体を招致し、地元の消防関係者と共に団体が開発したシステムを活用した共同訓練を実施する予定である。

 今回のJapan Innovation Challenge は、今年で3回目の開催となる。課題の難易度を上げ、夜間を中心にコンテストを実施する。昨年は13チーム、74名が参加した。参加費は無料で、参加には事前登録が必要である(注1)。大会は、遭難や災害が発生した際、ロボット技術を活用した支援という具体的な実用例を提示することにより、日本のロボット産業における製品化に向けた研究や開発を加速すること、また同大会を通じて地域への人材還流の促進による地域活性化を目的に行われる。

 本大会では、山の遭難救助における「発見」・「駆付」の2つの課題が設定され、「発見」には300万円、「駆付」には200万円、合計500万円の賞金が用意されている(注2)。 一つ目の課題「発見」は、実施会場に設置されたマネキンを発見し、位置情報と写真を取得するという課題である。「駆付」は、1チームに1つずつ配布されるレスキューキット(無線機や毛布等を想定した重さ3kg程度の筒状で主催者より貸与される)をマネキンの周囲まで運ぶ課題だ。

 会場となる北海道上士幌町は、ふるさと納税の制度を積極的に活用し、子育て支援や少子高齢化対策などを通じて人材交流や移住促進に力を入れている自治体で、ドローンを始めITC産業を積極的に支援している。町内の約76%が森林地帯と自然豊かな町の特徴を活かし、一昨年と昨年に引き続き、本大会を開催する。

 また、イベント会期中には、消防関係者とともに共同訓練を実施する予定だ。本コンテストは、第一回のイベント開催当初から、実際の山を活用したリアリティのある環境にて開催することで、産業技術力の発展を目指してきた。消防関係者との共同訓練は、早期発見・早期救助へつながる新たな手法を、実際に利用する可能性のある消防関係者が体験することで、実用化に向けて、技術課題の抽出だけではなく、持続可能な運用体制の検討を加速させる狙いがある。

大会実行委員長 上村 龍文氏のコメント

 「3年前にコンテストを企画した当初、ドローンやロボットを山岳遭難救助に活用するというアイデア自体が大変チャレンジングな試みであり、コンテストへの参加者は限られるのではないかと言われておりましたが、結果的に一昨年、昨年ともに、多くの方に参加いただき成功裏に終えることができました。北海道上士幌町、コンテストへの参加者の方々には大変感謝しております。過去のコンテストでは、撮影した画像をコンピュータ解析して、マネキンのいる可能性のあるエリアを強調して表示する仕組みや、レスキューキットを搬送する専用リールの開発などの技術的なイノベーション、捜索手順のノウハウの蓄積などロボット産業の研究や開発に必要な技術や経験が生まれました。その結果、昨年は一定の条件のもと、マネキンの『発見』と『駆付』の課題において達成者がでました。今年は、さらに人が対応するのが困難な条件に課題を設定して、ロボット産業の発展に向けてコンテストを開催します。 」とコメントしている。

 7月30日にアットビジネスセンター東京駅八重洲通りにて参加予定者向けの事前説明会を実施する。説明会では、昨年までの大会の模様を紹介するとともに、大会ルールや運営事項を説明する。

 JIC実行委員会は、本大会の各競技課題を達成したロボット、またはロボットを含むシステムが将来的に全国に配備されることにより、一人でも救える命が増えることを期待している。

(注1)参加資格には審査がある。大会公式サイト(https://www.innovation-challenge.jp/)を要確認。
(注2)賞金は、コンテストが終了した時点で課題をクリアしたチームが獲得したポイントに比例して賞金を分配する。

「Japan Innovation Challenge 2018」の概要

< 遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」>
・場所:北海道上士幌町町有林 (上士幌町字上音更166・167番地 / 帯広空港から車で約80分)
・期間:2018年10月10日(水)~10月12日(金) 17:00~21:30
・協賛:北海道上士幌町、トラストバンク(現時点)
・賞金総額:500万円
・課題と賞金:
課題1「発見」:賞金300万円 (達成チームで分配)
課題2「駆付」:賞金200万円 (達成チームで分配)
・参加費用: 無料
・大会公式サイト:https://www.innovation-challenge.jp
※内容は告知なく変更する場合がある。

参加者向け事前説明会の概要

・内容:「Japan Innovation Challenge 2018」のルール・運用事項の説明、昨年大会の模様の紹介
・日時:2018年7月30日(月) 14:30~16:30 (受付開始:14:00)
・会場:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り
・申込方法:https://www.innovation-challenge.jpにて公開予定。
※ 説明会の開催時間は変更の可能性がある。最終的な日時は、大会公式サイトを要確認。