ドローンジャーナル

ドローン×観光、全く新しい空の周遊アクティビティ「鎌倉 空力車」サービス開始!

-鎌倉観光の新スポットとして6月30日鎌倉光明寺にてプレスタート、7月からのサービス開始を目指す-

 シアンは、鎌倉の空を新たな観光資源として活用できる新サービス「鎌倉空力車」をi-link-uと鎌倉市内で展開する。

 観光地の空は観光資源としての認識は薄く、これまで活用されてこなかった。シアンではそこに着目し「空のツーリズムをもっと身近にしたい」といった思いから空力車サービスを開発。また、i-link-uは運営するゲストハウス彩を中心に障がい者やインバウンド観光客向けにバリアフリー観光サービスを提供してきた。この両社の経験を一つにして鎌倉空力車を運行することで鎌倉の新たな魅力と体験を観光客に提供するとともに、鎌倉の観光旅行を更にバリアフリーにしてより多くの観光客を呼び込む計画である。

 将来的には他の観光コンテンツと鎌倉空力車を連携することで観光対象地域を増やし、鎌倉での観光客滞在時間の延長を目指しながら鎌倉市全体をさらに盛り上げられるコンテンツに育てる、としている。

「空力車」とは

 VRゴーグルを装着し、観光地の上空を飛ぶドローンから見た鳥目線で、優雅で、エキサイティングな観光地の空中映像を地元のガイドさん(俥夫)の解説付き「空飛ぶバーチャル人力車」として楽しめるというもの。
 その街の観光案内所のような、空と旅をつなぐ新しい場所を提供し、地元の個性的なガイドさんとのコミュニケーションを通じて記録と記憶、さらには地場の食事とコラボレーションすることで人の五感を刺激する忘れられない観光体験を目指す。
 飛行中は自由に撮影も可能で、体験後はダウンロードでの画像提供もある。
今後はドローンに360°カメラを搭載。体験者はリンクした360°ドローン映像を地上に居ながら楽しめるようになる計画である。

「空力車」の特徴

<特徴1:今まで行く事のできなかった空からの観光体験>
 これまで観光地の空は下から眺めるか展望台に登り眺めるか、 どちらかの選択肢しかなかった。空力車では観光地に広がる空全体が観光資源になる。また、観光資源を抱える地域側の視点てして考えると、高額な設置費用の必要な展望台建設よりもより安価で観光地に訪れたお客様に眺望を楽しんでいただけるメリットがある。空力車のサービスには眺望だけではなくホスピタリティに優れた空俥夫が旅を演出してくれる。

<特徴2:全ての人が楽しめるバリアフリーコンテンツ>
観光地は健常者にとっていつでも楽しめる場所である。しかし身体が不自由であったり、車椅子生活だったりするとそうはいかない。坂道、石畳、階段、砂浜、等行くことが困難な観光地が多いのが事実である。
 空力車では空からの視点で、いままで行くことができなかった場所まで空俥夫が案内してくれる。例えば長い階段を上った先の展望台。その階段を登らなくとも展望台からの眺望を見て感じることが可能である。空力車が新しい目と足になる。

<特徴3:空力車搭乗中の撮影は無料>
 通常、空撮を業者に依頼すると安くても2~3万円が必要となる。ちょっとした旅の思い出にするには少し割高感がある。空力車では搭乗料金以外は空撮に関して通常無料である。 好きなタイミングで、好きなアングルを撮影できる。観光バスや電車の車窓から自分カメラで撮影する感覚と同じである。

「鎌倉空力車」価格

1区間:3,000円
(既定コース / 写真撮影付き)

お申し込み/お問い合わせはシアンHPより。またはゲストハウス彩までお問い合わせを。
* 宿泊とセットのパッケージプランも展開予定
* 動画提供は随時展開予定

オープニングキャンペーン開催も準備中
随時、 SNSにて発表。

空力車の今後の展開

 空力車は今回発表に至った鎌倉を始め現在国内3箇所にて計画を進行している。空力車の基本である「空を飛ぶ体験」と「観光案内」を基本としながら各地の特性に合わせてサービスにアレンジを加え全国展開を目指している。その土地ごとの魅力を活かすことで既に空力車を体験された事のあるお客様でも決して飽きさせない。そして、空力車は将来的に国内全ての観光地、地域コンテンツを空で繋ぎ、いつでもどこでもバリアフリーに観光に出かける事のできるサービスとなる。