ドローンジャーナル

中国EC大手JD(京東)、中国国内初となるエベレストでのドローン飛行に成功

-高原地帯の物流配送や災害時の捜索救難活動・物資補給手段等で活用-

 2018年6月26日、中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)は、京東物流が開発したドローン3種が、標高5566mのエベレスト・ベースキャンプ地での飛行テストに、中国国内で初めて成功したことを発表した。

 京東物流のドローン機はこれまでに、標高0~5500m範囲内地域での物流配達やテストを実施してきた。高標高地や低気温、山あいで複雑に変化する気象条件など、難度が高い標高5500m以上の地域でテストに成功したのは、今回が初めてである。飛行試験に成功したドローン機は、「V3固定翼機型ドローン」、「Y3 6軸マルチコプター型ドローン」、「小型の固定翼ドローン」の3種で、すべて京東が自社開発した機種である。

 今回の飛行テストは1週間におよび実施し、V3とY3型は標高5000m以上、5kgの積載物を載せた状態で安定した飛行をみせ、小型ドローンについては標高5556m以上の飛行高度を達成した。これらの飛行技術には今後、標高の高い地域への物流や物資補給、地形計測や緊急時の捜索救難活動等、様々な分野での活用が期待できる。
 特に中国国内でもチベット高原は、広大な土地である一方で人口は少なく、インフラ整備や気候的な問題から物流に課題を抱えている。今後ドローンの快速直送便が実現できれば、配送速度の大幅な短縮や人的コスト、配送員の輸送リスク等を大幅に減少させることが可能となる。

京東物流のドローン機、標高5566mのエベレスト・ベースキャンプ地での飛行テストに成功

JDドローンテストチーム・メンバー 劉城斌氏のコメント

「標高5000mの上空の大気密度は地上よりも半分近く下がるため、ドローンの上昇にはさらに強い動力が必要とされる。加えて高い消耗度と低温環境作業を強いるため、電池の持続力には極めて高い要求が求められる。標高の高い地域の上空の風速も強く、気温も低いので、飛行制御と情報伝送システムは十分な安定性を保持しなくてはならない。今回のテストは難度の高い条件下において素晴しい結果をみせることができた。今回のテストデータをもとに、今後更なるアップグレードと実用化に向けて極めて大きな収穫があった。」と述べている。