ドローンジャーナル

DroneFutureAviation、慶大ら開催の湘南UAVデモンストレーションにて大型輸送ドローン出展!

 DroneFutureAviationは、2018年6月25日、屋外での「湘南UAVデモンストレーション」に出展し、大型産業用ドローンの活用を提案、大型重量を搭載したドローンによるデモ飛行を行うほか、各種ドローン関連製品を展示する。

「湘南UAVデモンストレーション」とは?

 湘南UAVデモンストレーションは、慶應義塾大学ドローン共創コンソーシアムが中心となって開催する日本初の産業用無人航空機(産業ドローン)を対象とした屋外デモである。本デモは、産業ドローンの利便性・安全性・有用性・発展性を実証し、その普及・啓発を目的としており、その趣旨に賛同した国内外の先進的なドローン事業者が出展する。

Drone Future Aviationについて

 「革新的技術を活用し、新たなインフラの創造をする」ことをVISIONにし、 世界の様々な輸送のための機体販売やパイロットの育成を含めたオペレーションサービスを提供している。

 今回は、アジアでの独占販売契約を締結している提携先のノルウェーのGLIFF AVIATIONの世界最大級のペイロード30kgを誇る大型輸送ドローン「Griff135」をこの展示会で日本初公開し、 屋外飛行も予定している。

Griff135

2018年時点で最もペイロードの大きいドローンの一つとなり、輸送、 人命救助、災害地支援、農業などでの活用を目的に製造されている。

「湘南UAVデモンストレーション」概要

・日程 :2018年6月25日
・時間 :受付11:00、 開始12:00~16:00
・場所 :神奈川県某所
・来場申し込みはこちらから  https://www.dronefutureaviation.com/sfc-invitation
※導入検討を前提とした法人またはメディアの方に限定。