ドローンジャーナル

アイ・ロボティクス、ドローンを利用したプラント向けソリューションにより大幅な工期短縮・コスト削減を可能に

~PoCコンサルティングを開始~

 アイ・ロボティクスは、自社で所有する研究所「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っている。ドローンを利用したこれらのプラント向けソリューションの実現により、従来の工程に比べて約20%~50%の工期削減とコスト低減が可能となる。アイ・ロボティクスでは、研究・実証実験の実績をもとに、将来的にプラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業様へのPOC提供やコンサルティングを開始する。

ドローンが利用されるプラント・イメージ (pixta)

開発の背景

 高度経済成長期に建築された国内の大規模プラントは、建築から数十年を経て老朽化しており沿岸部に建てられていることも多いため、腐食を防ぐためにも恒常的にメンテナンスを必要としている。しかし、高所においては足場を組んで作業をするために工期が長くなることや、労働力減少による職人不足の実態があり、抜本的な対策が求められてきた。また、ロボティクスを利活用して産業における課題解決を行うことはわが国政府の方でもある。

想定されるプラント

 石油精製所・石油化学プラント・製鉄所・ガスプラント・製紙工場・造船所・大規模製造工場・大規模倉庫・空港・港湾設備・発電所(火力・原子力)・核燃料廃棄物処理場等の大規模プラント

開発の特徴及び計画

 アイ・ロボティクスのプラント向けサービスは以下の特徴を有す。
・有線給電を採用した場合、長時間飛行が可能かつバッテリーを搭載しないため発火の危険性を低められる。
・有線コントロールと組み合わせる事により、工場内機器の電波による誤作動を防ぐことができる。
・プロペラ多重化による破損時の安全な着陸、有線範囲内に限ることによる安全確保ができる。
・購入者によるドローンの資産化やメンテナンスが不要。

なお、このサービスに使われる(ドローンを含む)機器単体の販売は計画していない。