ドローンジャーナル

楽天AirMap、ドローン操縦者向けアプリ「AirMap」に新機能「Fly」を追加

-飛行前の準備から飛行時のカメラの利用などを1つのアプリでサポート-

 2018年5月31日楽天AirMapは、提供するドローン操縦者向けアプリ「AirMap」上でPhantomシリーズをはじめとするDJI社製のドローンを対象に操縦をサポートする新機能「Fly」を追加した。

「Fly」機能使用イメージ

 「Fly」は空域情報の確認やフライトプランの作成、空域管理者への飛行申請などを行えるドローン操縦者向けアプリ「AirMap」に追加された新機能である。この新機能によりDJI社製のドローンを飛行させる際に、ドローンからリアルタイムで送られてくるHD映像の確認やドローンに搭載されたカメラの操作などを「AirMap」
アプリ上で行うことができる。これまでドローン操縦者は「AirMap」アプリを使用する場合、飛行前と飛行時でそれぞれ異なるアプリを立ち上げる必要があったが、今後は一連の操作を「AirMap」アプリ上で完結させることができるようになる。本機能はDJI社が提供する開発者向けのSDK、「DJI Mobile SDK」を導入したことで実現した。

 「AirMap」アプリは、Android(TM)またはiOS搭載のスマートフォン、タブレット端末にインストールすることで使用できる。なお、アプリは無料でインストール可能。

 楽天AirMapは、ドローン操縦者向けアプリに加え、ドローンメーカーおよびアプリ開発者に向けたAPIを介したUTM(無人航空機管制)システムのプラットフォームや自治体などの空域管理者に向けたクラウドシステム「空域管理ダッシュボード」など、幅広くドローン向けの空域管理ソリューションを提供している。

 楽天AirMapは、空域管理だけでなくフライト時の操縦サポートも一貫して行うことで、さらなる利便性を提供しドローン業界の発展に貢献していくとコメントしている。

「Fly」機能概要:

・ DJI社製のドローンからリアルタイムで送られてくるHD映像の確認
・ DJI社製のドローンに搭載されたカメラの設定や飛行時の操作
※ DJI Mobile SDKの特性上、UIの一部は英語表記となる。
※「Fly」機能対応機体は以下の通りである。
  Phantom 3および4 シリーズ、Mavicシリーズ、Spark、Inspireシリーズ、
  Matrice 100、 200、600シリーズ

「Fly」機能追加方法

すでに「AirMap」アプリを利用中の場合
・アプリが以下のバージョンではない場合、各ストアにてアップデートする。
 Android(TM)版:2.2.5、iOS版: 2.2.2

「AirMap」アプリを持っていない場合
・「AirMap」アプリをお持ちのスマートフォンやタブレット端末にインストールする。

Android(TM)版(無料)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.airmap.airmap
iOS版(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/airmap/id1282232697

「Fly」機能利用方法:

1. DJI社製のドローンとスマートフォンまたはタブレット端末およびコントローラーを接続
2. AirMapアプリを立ち上げ、「Fly」アイコンをタップ
3. フライトプラン(日時・飛行範囲・高度)を作成
4. 飛行開始ボタンをタップし、ドローンの飛行を開始

動作環境:

・iOS9.3以上搭載のiPhone、iPad、iPad mini、iPod touch
・Android 4.3以上搭載の端末
 ※iOS 9.2.1以下、Android4.2以下は非対応。