ドローンジャーナル

テラドローン、東京海上日動とUTM自動付帯保険サービスを展開 Terra UTMアプリもリリース開始

 テラドローン株式会社は、ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売、さらに東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動」)と、Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを、2018年5下旬〜6月上旬より開始すると発表した。Terra UTM アプリの利用料は、月額5000円で提供予定だ。

 通常は保険に加入する際には必要書類の準備などの手続きが必要だが、Terra UTMを利用することで、対人・対物賠償保険が加入申請手続きを一切せずに保険を適用することができる。

サービス内容

空の道を作り、目視外・第三者上空での安心・安全なドローンの航行を実現

 Terra UTMとは、管理画面からドローンの自動航行設定から操作をより安全・簡単に行えるシステム。特に、目視外飛行が重要となる災害時・物流・点検などで活躍している。Terra UTMのアプリでは、下記の機能を利用することが可能。

 1.フライトプランの作成
 2.プランに即した自動航行
 3.フライトログの保管
 4.自動帰還機能
 5.強制帰還機能
 6.飛行禁止区域に侵入した際の自動帰還機能
 7.ドローン飛行の可否
 8.飛行計画申請フォームの自動作成
 9.共同での飛行経路管理・確認

対人対物賠償責任保険がTerra UTM利用時に自動付帯

 小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会が発表した「空の産業革命に向けたロードマップ」では、2020年頃に有人地帯における目視外飛行の実現を目指しており、またドローンの商業利用の拡大が急速に進む中で、安全・安心な飛行に加え重要なのが事故発生時の対応と補償。Terra UTMを購入した際に、東京海上日動が提供する対人・対物賠償保険が自動付帯される。