ドローンジャーナル

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

「FullDepth DiveUnit300」

 2018年5月18日、水中ドローン専業メーカーである株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、2018年6月1日より開始する。

 今回リリースする水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」は、これまでの水中探査において大きな課題となっていた、大掛かりな設備や人員を必要とせず、低コストで運用することが可能となる。これにより水中インフラの維持・管理をはじめ、漁礁の調査や定置網の点検など水産業における活用、海底資源や深海生物の探査など、幅広い用途での利用が期待できる。FullDepthは今後も人々の暮らしに欠かすことのできない海洋や河川の中を見るという重要な「目」の役割を果たしたいとしている。

 なお価格は、事前のコンサルティング後に見積もりを提示する。

「FullDepth DiveUnit300」機能詳細

「FullDepth DiveUnit300」

1. 水中300mまで潜行可能な小型ROV

FullDepth DiveUnit300は、ROV本体と船上のPC、そしてそれらを接続するテザーケーブル1本で構成される。ROV本体は水中300mまで潜行が可能。サイズは430mm(W)×650mm(D)×363mm(H)で、バッテリー搭載時の重量も約25kgと、人力での水中投下が可能なサイズのため、手軽に運用することが可能となった。

2. 内蔵カメラによる動画撮影とリアルタイムインターネット配信

本体の正面に内蔵されたカメラにより水中でのFull HD動画の撮影が可能。動画はインターネットを介してリアルタイムで配信することができるため、水中インフラの点検などでは離れた場所にいる技術者と随時コンタクトを取りながら遠隔で確認作業を行うことが可能。

3. 潮流下でも安定した水中撮影

機体には水平方向4機、垂直方向3機の推進機とモーションセンサーを装備し、潮流下でも安定して水中撮影することが可能。また、ROVとPCを接続するテザーケーブルもたった3.7mm幅。ケーブルが潮流に煽られてROVの安定性を損なうリスクも軽減する。さらに、リリース後のソフトウェアアップデートでは、さらなる安定化のため、深度・姿勢を自動で維持できる機能や、画像処理による機体の位置保持機能の実装も予定。

4. 直感的なパイロット操作

機体のコントロールには直感的に操作が可能な市販のゲームコントローラーを採用。特別な訓練や資格などは必要なく、数時間のトレーニングで技術の習得が可能。潜航中はPCに表示される水中の映像を確認しながら、機体の微妙な位置変更を手元のコントローラーで簡単に行うことができると同時に、内蔵カメラのフォーカスもマニュアルで調整できるため、ピンポイントで必要な情報を得ることができる。

5. 運用に必要な人員は2人から

FullDepth DiveUnit300の運用に必要な人員は、ROVのパイロットとケーブルの調整などをするサポーターのわずか2名から。大規模なプロジェクトチームを編成する必要はなく、コンパクトで小回りの利く運用が可能。

FullDepth DiveUnit300 を活用した調査記録動画(2018年4月 相模湾)