ドローンジャーナル

エアロセンス、破損等を補償する保険の提供を開始

~工事現場でも安心して利用可能に~

 エアロセンスが開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカーGPS 搭載対空標識)について、破損等を補償する保険の提供を開始したことを発表した。
 センチメ-トル級精度のエアロボマーカーで、現場での測量工数とデータ処理工数を大幅に削減することは可能だが、屋外での使用が主体であるため外部からの物体の衝突などによる機器自体の損壊リスクが伴う。エアロセンスでは、1 年間の機器の品質保証サービス以外にもエアロボマーカーの業務使用等に際して生じる機器の損壊リスクに対応した保険を東京海上日動火災保険と組成した。
 本保険はエアロボマーカー購入者のみを対象とした保険であり、エアロボマーカーで広がる測量の可能性に加えて、安心を提供するものである。

AEROBO® Marker(エアロボマーカー)について

 GNSSセンサを内蔵した対空標識でドローン飛行中に現場に置いておくだけでマーカーの位置を高精度に測位し、さらに独自のクラウド後処理と組合せ大幅に後工程の手間を削減するものである。
 経済産業省およびIoT推進ラボの第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」でファイナリストに選定され、同会議の支援機関の1つであるNEDOの事業として採択された。