ドローンジャーナル

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が社名変更。深海探査に進化と革新をもたらす「FullDepth」へ。

 2014年に創業した日本初の水中ドローン(ROV)専業メーカー、空間知能化研究所は今春に予定している自社開発の水中ドローンのレンタルサービス開始を前に 2018年3月30日付で社名を「FullDepth」(フルデプス)へと変更した。社名を深海の最深部を表す言葉「フルデプス」にし、今後さらなる需要が見込まれる水中でのインフラ点検や調査、そして人類最後の秘境である深海探査の領域においての活動を加速していきたい考えを示した。

会社沿革・事業概要

 2014年7月に、筑波大学発のスタートアップとして創業し、現在は日本初の水中ドローン専業メーカーとして、「もっと手軽」に「より安全」に水中での調査や撮影が行える独自のROVを開発してきた。今春発表予定のROVではこれまでの水中探査において大きな課題となっていた大掛かりな設備や人員を必要とせず、低コストで運用することが可能となる。これにより、今後ますますの需要が見込まれるダムや港湾など水中インフラの維持・管理への活用、海底資源や深海生物の探査など幅広い用途においての利用が期待される。

社名の由来

 深海の最深部を意味するFullDepth(フルデプス)。地球最後の秘境と言われる深海の全てをこの目で確かめたい、そんな想いが込められている。

ロゴの由来

 フルデプス代表の伊藤氏が深海に興味を持つきっかけとなった深海魚、ナガヅエエソをモチーフにしている。ナガヅエエソの特徴である独特なヒレを「FullDepth」それぞれのアルファベットに見立て、深海をイメージした青いグラデーションの配色を施すことで親しみやすいデザインに仕上げている。また、ロゴの中央部は人間の目を模した形状となっており、フルデプスが担う水中での「目」としての役割と、深海での新しい「発見」をイメージしている。