ドローンジャーナル

SkycatchとDJI、コマツのスマートコンストラクション事業向けに産業用ドローン1,000台の導入を発表

 民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIとドローンを活用した測量及び測量データのソフトウェアを提供するスタートアップSkycatchは、売上規模世界第二位の建設機械メーカーであるコマツが推進するスマートコンストラクション事業向けに、 高精度ドローン「EXPLORE 1」を1,000台導入することを発表した。本契約は、産業用ドローンの導入としてはこれまでで最大規模である。今回導入されるドローンは、 Skycatchの仕様を満たすためにDJIが改良しており、DJIがパートナー向けに製造する初めてのカスタムドローンである。
 建設現場の上空を自律飛行しながら高精度の3Dモデルを作成できる「EXPLORE 1」は、今後コマツの建設現場で活用される予定だ。この3Dモデルのデータは、 安全で生産性の高い建設現場を実現するコマツの「スマートコンストラクション」の新サービスに使用される。 新サービスでは日々の施工過程の地形や土壌の変化を簡単にすばやく把握できるようになる。

 Explore1は、カスタム可能な産業向けドローンプラットフォーム「MATRICE 100」を基に製造され、Skycatch の高精度パッケージEdge1 RTK ベースステーションとともに使用することで最大限の威力を発揮する。このベースステーションは、無線接続の状態や場所に関わらず、ドローンが収集した画像を高精度な3Dモデルにローカルで処理できるソフトウェアと耐久性を備えた高性能コンピューターを搭載している。この2つの技術を併せることでこれまで手間と時間のかかっていた現況測量を簡単かつ高速に行うことができ、測量データを日々の進捗管理に利用できるようにする。ドローンで一気に施工現場全体のデータを取得することで、 建機のみならず人による施工まで、 全ての施工を一括管理することができる。

 EXPLORE1の導入で、毎日ドローンで測量することが可能になる。 離発着や飛行ルート設定の自動化により自動化標定点(GCP)は不要となり、3Dデータが直ちに生成され建設現場全体が毎日3Dで可視化できる。これは建設現場に革命をもたらす、とコマツのスマートコンストラクション推進本部長 四家 千佳史氏は述べている。