ドローンジャーナル

DJI、NAB 2018でMASTER WHEELSとFORCE PROを発表

高精度で直感的なジンバル制御を可能にするプロ仕様のジンバルソリューションを提供

 DJIは「NAB Show 2018」において、新しい映像制作ツール「DJI MASTER WHEELS」 と「DJI FORCE PRO」を発表した。プロ仕様のジンバルソリューションを全ての映像制作者とあらゆる撮影シーンで実現するDJI Master WheelsとDJI Force Proは、ジンバルの高精度な制御を可能にする。映像制作者は、いかなる現場の複雑なシーンでも、シネマ品質の映像を容易に撮影できる。また、Master WheelsとForce Proは、 「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応している。

Master Wheels

 プロ仕様の高精度ジンバルシステムで、 パン/チルト/ロールの3方向をコントロールできるホイールを備えている。容易な操作性と機能的な設計が特長である。滑らかで安定した動きで、プロ仕様の映像が撮影可能だ。Master Wheelsは、Ronin 2とInspire 2と同じDJI TB50インテリジェントバッテリーを使用し、システムに最大18時間電力を供給する。多くのサードパーティ製ジンバルに対応し、DJI製以外の機器を使用している映像制作者は、サードパーティ製のVロックバッテリー用にDC-INポートからの電力供給も可能である。
(Master Wheelsの新機能や特長についてwww.DJI.com/Master-Wheels)

Master Wheels

Force Pro

 DJIの最先端の遠隔操作技術を使ったモーション検知システムが、Force Proとジンバルの動きを正確に同期しシネマ品質の撮影を容易にする。直感的操作が可能で操作に不慣れな者でもすぐに操作を習得できる。Force Proは、DJI Ronin 2とRonin-Sジンバル、その他サードパーティ製のシステムに対応している。Force Proのバッテリー駆動時間は最大 5時間で、長時間の撮影にも対応できる。バッテリーは USB-Cポート、CANBUSポート、あるいはサードパーティ製Vロックバッテリーに対応する内蔵DC-INポートで充電できる。
(Force Proの新機能や特長についてwww.DJI.com/Force-Pro)

Force Pro

価格と販売時期

 Master Wheelsの先行予約は、DJI公式オンラインストアおよびDJI正規販売代理店にて2018年4月10日から開始する。3軸一式モデルは1,036,000円、2軸モデルは776,000円、 単一ホイールコントロールモジュールは326,000円である(すべて税込)。Master Wheelsは2018年6月出荷開始予定。
DJI Force Proの先行予約は、DJI公式オンラインストアおよびDJI正規販売代理店にて2018年4月10日から開始する。販売価格は156,000円で、2018年6月出荷開始予定。