ドローンジャーナル

産業・ビジネス分野へ事業を拡大 ドローンソリューションを利用できる『会員制』サービス「ドローン ザ ワールドクラブ」スカイビジネス会員が4月4日(水)より展開開始

~日本初となるドローンの超遠隔ライブ監視&操作ナビゲートができる「ドローンスコープ」やドローン操縦を指揮する「ドローン管制士」養成講座も開始~

 ドローン関連コンテンツの企画・開発・運営を行うドローンネットは、従来エンターテイメント、サービス情報分野に注力しビジネス展開を行っていたが2018年4月より 産業・ビジネス分野にも事業を拡大し、ドローンのビジネス活用を支援する「ドローン ザ ワールドクラブ」のスカイビジネス会員制サービスを4月4日(水)より展開開始することを発表した。

 今回から展開開始となる「ドローン ザ ワールドクラブ」は、ドローンビジネス活用を支援する「会員制」サービスで、現在「SKYSTOCK(スカイストック)」「SKYCLOUD(スカイクラウド)」「DRONE SCOPE(ドローンスコープ)」「ドローン管制士」の4つのサービスを自由に利用することができる。また会員登録をした人に、より満足してもらうため48の会員限定オリジナル商品&サービスを今後続々と追加していく。
 また、今回特に注力している世界初の展開となる「DRONE SCOPE」はドローン空撮現場に行かなくても遠隔地からドローン視点の映像をリアルタイムで確認でき、現場操縦のナビゲートも同時に行えるアプリケーションだ。「DRONE SCOPE」を使用し、ドローン操縦士を指揮監督する、これまでになかった新しい職業「ドローン管制士」の制度も導入し、 「ドローン管制士」になるための人材育成の場として教育訓練スクールも開講する。

「ドローン ザ ワールドクラブ」の概要

 ドローンビジネス活用を支援する「会員制」サービスである。「ドローン ザ ワールドクラブ」は、「SKYSTOCK(スカイストック)」、 「SKYCLOUD(スカイクラウド)」、「DRONE SCOPE(ドローンスコープ)」、「ドローン管制士」の4つのサービスを自由に利用することができる。
※48の会員限定のオリジナル商品&サービスを今後続々と追加していく。

「DRONE SCOPE」の概要

 ドローンを使う現場にわざわざ行かなくてもリアルタイムで現場の操縦士(複数可)と同じ映像を見ながらコミュニケーションが可能。
・活用例
イベントやPVの空撮、 スポーツ中継、 太陽光パネル点検、 建物の点検、 ダムなど大型建築物の点検、 発電所の点検、 農業、 教育、 人命救助、 警備・監視、 土木測量、 野生動物調査・監視など

「ドローン管制士」の概要

 これまでに無かった新しい職業で、 ドローン操縦士を遠隔地から指揮監督・ディレクションすることができる。日本初のドローン視点映像生中継&操縦ナビゲートシステム「DRONE SCOPE」を駆使しながら目視外飛行中の複数ドローンの“指揮監督術”を習得することができる講座、「ドローン管制士 4級」が受講可能である。「ドローン管制士 4級」は、 5月18日よりドローン ザ ワールド東京麹町DN店と仙台フォーラス店にて開講する。6月1日より、その他各地域のドローン ザ ワールド店内にあるフライヤーズアカデミーにて順次開講となる。

「SKYSTOCK」の概要

 ドローンで空撮した写真や動画を個人単位でサイトに出品し、自由に売買ができるプラットフォーム型サービス。空撮写真や空撮動画を販売したい場合、素材があればいつでも出品することができ、その販売価格を出品者は自ら設定する事ができる。スカイビジネス会員のスカイストックへの出品者登録は無料であり、スカイストックを運営するドローンネットがスカイストックに出品された空撮素材の広告宣伝等を行うことにより出品中の空撮素材が売れた場合、出品者(空撮クリエイター)に販売価格の50%が成功報酬として支払われる。

「SKYCLOUD」の概要

 ドローンを使った業務の依頼者と操縦士のマッチングシステムである。 「SKYCLOUD」に登録している全国の操縦士に、ドローンを使う業務を直接依頼することが可能になる。