ドローンジャーナル

道路舗装最大手のNIPPO が ICT 舗装実現に向け、AEROBOR マーカー/クラウドを採用

~道路舗装 × 高精度の AEROBOR 測量で現場に革新を~

 エアロセンスが開発・製造・販売している AEROBOR Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)ならびに AEROBOR Cloud(エアロボクラウド:ウェブブラウザ上の産業用ドローン向け画像処理サービス)が、NIPPOで取り組んでいる ICT 舗装実現に向けて採用されることになった。

 NIPPOは、ICT 土工(国土交通省が発注する土木工事における情報化施工の標準化)だけではなく、ICT舗装(道路工事における情報化施工の標準化)を見据えている。舗装工事で必須となるミリ単位の精度、出来形測量への適用、さらには、道路の維持・修繕といった管理業務の効率化に向け、ドローン関連技術の実現場への導入を目指しているところである。

 これまでは目視や属人的な確認を行い、道路の変位計測をスケッチ等で行っていた。今後、AEROBOR 測量を活用することで、3 次元で視覚的に分かりやすい正確なデータに変わり、さらに作業の時間短縮、負担軽減、標準化が期待できる。