ドローンジャーナル

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

 KDDIは、2018年4月9日に産業用ドローンを開発・製造するプロドローンと追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となる。

 KDDIは、さまざまなモノがインターネットを通じてつながるIoT時代において、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり自律飛行するようになると考えており、2016年12月よりドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」の開発をおこない、物流や農業、警備などさまざまな実証実験を実施している。

 プロドローンは、世界初の2本のロボットアームを持つ大型ドローン、世界初の負圧で壁面や天井面の両方を張り付きながら検査することが可能なドローン、水面に着水し、水中の映像をリアルタイムで伝送可能なドローンなど他の追従を許さない高い技術力で「高安定・高機能・高安全」のハイエンド向け産業用ドローンを開発製造しており、多種多様なニーズに応じた最高のドローンシステムを提供している。

 KDDIとプロドローンは、KDDIが構築した「スマートドローンプラットフォーム」と、用途に応じた多種で高性能な機体を提供するプロドローンの知見を掛け合わせることにより、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を推進していく。