ドローンジャーナル

ブイキューブロボティクスが仙台市、ドコモと共同で「ドローンを活用した津波避難広報の実証実験」実施

2018年3月19日(月)、企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供するブイキューブロボティクスは仙台市、NTTドコモ東北支社と共同で、ドローンを活用した津波避難広報の実証実験を実施し、大津波警報のJアラートを起点としたドローンの自動飛行や避難広報とLTE回線を活用したドローン制御・リアルタイム映像伝送・避難広報呼びかけに成功した。

 実証実験は 3 月 19 日(月)9 時 30 分より震災遺構 仙台市立荒浜小学校および仙台市若林区深沼海岸で実施された。「仙台市及び NTT ドコモによる ICT を活用したまちづくりに関する 連携協定」の取り組みの一環で、津波避難広報をテーマとした実施は 2016 年 11 月に続き 2 回目であり今回はさらに新たな技術・試みを数多く追加して実施された。前回に引き続きブイキューブロボティクスは、主に以下2つの実証実験を実施し技術を提供している。

1.Jアラートメール受信によるセルラードローン自動離着陸・自動航行・避難広報
大津波警報の J アラートメールの受信をトリガーとしてドローンが自動離陸し、事前に設定した航路を自動飛行しながら深沼海岸の海岸沿いにて自動音声で避難広報を実施し、その後自動着陸に成功。LTE 回線を活用して伝送される飛行中の映像を対策本部にてリアルタイムで確認しながら、ドローンは往復約 2.2km の航路を約 30m の高度で 13 分程度の時間をかけて安定して飛行した。

2.セルラードローンによる遠隔地からの避難呼びかけ
避難広報中に逃げ遅れた人たちを発見した想定で、発見場所を飛行航路に設定し、ドローンを自動飛行で急行させ、搭載したスピーカーを通じてリアルタイムで逃げ遅れた人たちへの呼びかけを行った。この際、LTE 回線を介して伝送したリアルタイム映像コミュニケーションシステムを介して、離れた災害対策本部等から直接避難の呼びかけを行うことが可能であることが実証された。
その他にもドローン航路・画像マッピング、人物検知・画像鮮明化、防災行政無線直接受信などの技術検証も行われた。実験当日は時折風速 5 メートルを大きく超える風が吹き、安全地帯確保のため設置された規制用の コーンが吹き飛ぶこともある環境でありながら弊社提供のドローンは安定した離着陸・飛行を行い、機体性能・制御技術の高さも示した。

 2016年11月 実施実験時からの大きなアップデート
・大津波警報Jアラートメールの受信をトリガーとしたドローンの自動離陸
・ドローンに搭載されたスピーカーからリアルタイム音声での避難広報(前回は録音音声)
・LTE回線を使用したリアルタイム映像伝送およびドローン自動飛行

 ブイキューブロボティクス代表取締役社長の出村 太晋氏は、「東日本大震災時の実体験に基づき防災減災を本気で志す自治体・企業との連携、将来を見据えた新しい技術の活用、あらゆる面で、私たちが目指す災害時のドローン実用化の姿を、成功という形で実証することができた。実用化に向けて、技術面を中心とした課題を克服するべく日々前進させ、国内外の災害時・緊急時にドローンが活用され、東日本大震災時にしたような辛い経験を二度としないよう、実現に貢献していきたい」とコメントしている。仙台市 伊藤 敬幹副市長は「今回の実証実験は、より実践的な運用を目指して幅広い実験を実施する意義のある機会となった。人の力が及びづらい場所や二次被害を防止するという観点からドローンは非常に優良であり、今後は課題を抽出・分析して技術力を高めていきドローンによる防災・減災を推進していきたい」とコメントしている。