ドローンジャーナル

ドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練を実施

火山噴火における関係機関の連携や情報収集の精度向上を目的に、成果と課題を共有

 2018年2月19日、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場において、岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練が行われた。本訓練は、12人が死傷した平成30年1月23日の草津白根山の噴火を受け、国内初となる冬季の火山噴火を想定。一般社団法人岩手県ドローン協会・八幡平リゾート株式会社・岩手県警察・東北管区警察局岩手県情報通信部の計60名ほどが参加した。また、訓練でドローンを使用するにあたり、株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力機関として参加している。

岩手県 冬季噴火災害対応訓練の様子

 今回の訓練の最大の特徴はドローンを使用した点である。赤外線カメラを搭載したドローンにより空からのリアルタイム映像を配信することで、負傷者や現場の状況を複数名でシームレスな情報共有が可能である。また、対策本部で配信された映像を見ながら、管理者はドローンパイロットに直接指示を送ることもできる。

DJI社製ドローン「MATRICE 210」

 使われた機体は、DJI社製ドローン「MATRICE 210」、赤外線カメラ「Zenmuse XT」、ズームカメラ「Z30」、最新映像伝送システムとなっている。

 訓練では、避難誘導や負傷者救助はスムーズに進行したものの、噴石飛散時の情報収集の難しさが課題となり、負傷者の位置関係の見極めが難しいとの意見が挙がった。

また、ドローンについてはカメラの有効性は確認できたものの、上空約40mでは風速約12 mの風が吹いており、その中での飛行は困難を極めた。今回初めて災害対応訓練に参加した岩手県ドローン協会は今後、飛行高度の課題を解消すべく運用の精度を高めることを目標としていくという。