ドローンジャーナル

Terra Mapper クラウド版 新料金プラン「使ったぶんだけプラン」提供開始

2018年2月21日、テラドローン株式会社(以下「テラドローン」)は、画像処理から画像解析までを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供、並びにi-Construtction対応のオプションサービスを開始したと発表した。

 Terra Mapper クラウド版は2017年8月にリリースされ、これまで月定額での料金プランのみの提供だった。しかし、「あまり測量頻度は多くないので使ったぶんだけ課金できるようにしてほしい」「測量するタイミングが不定期なので柔軟に使えるプランがほしい」等の課題があった。

 そこで、それぞれのクライアントのニーズにあわせた「使ったぶんだけプラン」の提供を開始。この度の新料金プランの適用により、GCP補正込みでの自動点群生成が、1回あたり3.5万円と国内最安(※テラドローン調べ)の価格での提供可能となった。

 また、今回は「使っただけプラン」と共に、i-Constructionにも対応した新オプションサービスも開始される。今後はクラウド版で随時ニーズに合わせた機能アップデートを行っていく予定だという。