ドローンジャーナル

株式会社フジタ ドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

 大和ハウスグループの株式会社フジタは、切盛土工事の日々の出来高管理をドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン」で行うと発表した。
 この技術は基準測量から点群データ解析までの一連作業に要する時間を当社従来比1/3に短縮し、作業所の職員が土量算出の必要性を感じた時に手軽に算出することが可能である。さらに、ドローンによる写真撮影時には、現場の土量管理に必要な精度確保の条件(写真枚数、画素数、点群密度など)を設定することで、データサイズを抑制し、処理時間の大幅短縮を実現している。

基準測量にエアロセンス株式会社が開発したGPS測位機能付き対空標識「AEROBOR®(エアロボ)マーカー」を利用することで、煩雑な評定点の「設置」「測量」「座標データの入力」といった一連の手間を省略することが可能となった。さらに、ドローンによる写真撮影時には、現場の土量管理に必要な精度確保の条件(写真枚数、画素数、点群密度など)を設定することで、データサイズを抑制し、処理時間の大幅短縮を実現している。

適用機器・解析手順

 開発の背景には、近年の機体の高性能化・低価格化によるドローン測量の普及による需要の高まり、需要に対する運用のコスト的、技術的な困難さが挙げられる。

 今後システムの導入により、適切な工程管理や生産性・品質の向上や現場の測量工数とデータ処理工数の大幅削減を見込むことができるという。