ドローンジャーナル

ブイキューブロボティクス 太陽光発電施設点検パッケージ 「SOLAR CHECK」サービス提供を開始

2018 年 2 月 13 日、株式会社ブイキューブロボティクス(以下ブイキューブロボティクス)は、ドローンを用いた太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンを自動運行させて太陽光パネルを撮影し、その撮影結果に対して人工知能を用いた画像解析を行う。これにより大幅に作業効率を向上させながら、短時間で異常パネル検出および点検結果レポートの提供が可能となる。

サービス紹介

具体的な内容としては、発電所の太陽光パネルの配置に合わせて、事前にドローンの航行ルートを設定する。そのルートに 沿ってドローンが自動航行をしながら、搭載された赤外線サーモグラフィカメラで上空からパネルを撮影する。保存されたパネル画像をクラウド上にアップロードすることで、ディープラーニングによる画像解析を自動的に開始し、ホットスポットの異常検知を行う。同時に異常パネルとその発生場所が分かる点検結果レポートを作成する。 初回の準備として、運用に必要な初期設定とテスト撮影および研修を、サービス申込後に実施し、2 回目以降は、導入企業側で簡単な操作で点検を実施できるようになるというものである。

当サービスの特徴として以下が挙げられる。

1. 点検時間を大幅に短縮

点検の所要時間イメージ

人手で 1 枚 1 枚検査が必要だった太陽光パネル点検を、自動航行のドローンでスピーディに撮影。人手では 2MW を約 4 日かけて点検していたところを、本サービスでは約 15 分で完了できる。

2. 異常検知の正確さ
従来の点検では見落とすことのあったホットスポットも、太陽光パネルの角度に合わせてドローン撮影することで、異常検知の精度が向上。点検しにくい傾斜地などでも柔軟に対応可能だ。

3. 点検実施回数の増加
従来のドローンを活用したパネル点検は、社外のオペレーターが必要だったため、実施頻度に制限があった。
本サービスは、操作を簡易化および自動化することで、特別な技術を持たない点検スタッフでも、高頻度での点検が可能となる。点検結果の履歴も管理できるため、経年変化も把握できる。

4. AI を活用した自動解析、迅速なレポート作成
一般的なドローン点検では、撮影工数を削減しつつも、異常検知をした画像と対象パネルの照合に非常に時間がかかるという課題がある。本サービスでは解析から対象パネル特定までをディープラーニングを活用して自動で行うため、短期間で高精度な点検結果をご報告できる。

本サービスは、「導入初期費用+月額課金型」。発電所の拠点数・規模に応じて、個別見積りとなる。なお、対象のドローンを所有する企業には、アプリケーションのみの提供も可能だという。